はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

パスポート

パスポートの住所変更は自由自在!消せるボールペンなら引越し時に自分で書き替えられる

パスポートに住所を記入するかどうかは任意だ。しかし金融機関で本人確認書類としてパスポートを出すと、住所を書けと強要される。しょーがねーな、お前らのために書いてやるよ、消せるボールペンでな。

エアアジアの乗り継ぎでは入国や預けた手荷物の受け取りは必要か?Fly-Thruなら省略できる

原則として乗り継ぎの度にその国に入って手荷物の受け取りが必要だが、例外としてFly-Thruサービスを使えば入国や手荷物の受け取りなしで乗り継ぎできる。クアラルンプールのklia2とバンコクのドンムアン空港でFly-Thruを利用可能。klia2で無料で使えるサー…

海外で飛行機に乗り遅れてオーバーステイするとどうなるか?不法滞在の罰金や言い訳不要で問題なく出国できた

マレーシアへノービザで入国し、滞在期限の90日目に飛行機で出国する予定だった。しかし、飛行機の離陸時間が予定時刻よりも早まっており、空港に到着した時には搭乗不可能になっていた。これにより1日オーバーステイしたが、罰金などなく出国できた。

関西空港の手荷物検査で引っかかり別室に一名様ご案内~♪記念に写真撮ってと言ったらブチ切れられた><

タイに滞在している時に、知人たちが口をそろえて「手荷物検査で引っかかるで~。」と言っていた。東南アジアに5ヶ月以上も滞在していたら、厳重に調べろとマニュアルに書かれているんだろうな。

パスポートに貼るビザをページ指定する方法は至ってシンプル、英文メモで伝えるだけ

几帳面でまじめでさわやかな青年である筆者としては、パスポートのスタンプやビザが順番に並んでいてほしい。何も言わなければ係員が適当にビザを貼り付ける。そこは異議を唱えたい。

タイ観光ビザの申請手続きに必要な書類の書き方はマレーシア・ペナンのタイ領事館の見本が参考になる

ペナンのタイ領事館の規模は小さい。バンコク内のイミグレとは大違い。タイ領事館内には写真撮影やパスポートコピーのサービスはないが、近くで用意できる。写真は安くないので節約派には持参推奨。

マレーシアのペナンにあるタイ領事館の観光ビザ申請受付時間/休みの日/徒歩での行き方2015年版

ゲストハウスがたくさんあるジョージタウンからタイ領事館へは徒歩1時間程度。コムタからほぼ一本道なので迷わず歩いて行ける。2014年11月1日から申請日当日の交付サービスはやっていないので注意。

パスポート番号はどこ?有効期間などを短いペンに貼っておけば入出国やチェックインの書類記入で便利

書類記入の度にパスポートを出してパスポート番号を確認するよりも、パスポート番号を書いた紙を自分のペンに貼り付ればすぐに確認できて便利。ペンが透明なら内側に入れるのもあり。

一人旅だけど団体行動で陸路を歩いて国境越え、マレー鉄道でハジャイからバタワースへ

国境の駅で下車後、駅構内にあるタイのイミグレで出国スタンプを押され、同一建物の隣室にあるマレーシアのイミグレで入国スタンプを押された。乗ってきた列車に再度乗り込み、バタワースへ向かう。

タイ観光ビザ/ノービザ30日延長手続きでイミグレに行き、書き方を参考に自分で必要書類を作成した

ノービザ30日滞在にプラス30日で計60日間滞在できるようにバンコクのイミグレで延長手続きをしてきた。タイ語を話せないし英語も最低限しかできないが、流れ作業なので簡単だった。

タイ・バンコクのイミグレーションへバスでの行き方と帰り方、営業時間や休みなど

タイ国内でタイでの滞在期間を延長したい場合、イミグレーション(入国管理局)でその旨を申請してOKをもらう必要がある。しかしそのイミグレーションは辺境な場所にあり、初めてだと分かりにくい。

パスポートは10年と5年どっちがいいか?→短期旅行/駐在/バックパッカー/世界一周など入出国頻度による

多くの人は有効期間が10年のパスポートを取得する方がよさそう。取得費用から1年あたりのコストを考えると10年用パスポートの方が有利だ。有効期間5年のパスポートを取得する方がいい場合はどんな時か。

適当勘弁!パスポート査証欄の入国/出国スタンプを押す場所を指定する方法

通常、係員は適当に開いたページに入国/出国スタンプを押してくる。しかし、几帳面な日本人としては、入国/出国の順できちんと押されたいもの。できるだけきちんと押される確率を上げる方法を紹介するよ。

期限切れの古いパスポートの捨て方→シュレッダーで処分(保管も検討)

パスポートを切替発給(更新)すると、過去のvoid済みパスポートは不要。そのまま捨てず、シュレッダーで処分した。捨てようか悩んでいる人は、処分中の写真を参考にしてほしい。

てすとてすと