読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

枕カバーの作り方、ファスナーなしなら100均のタオルを手縫いするだけで簡単

100均のタオルを縫って枕カバーを自作した。ミシンや型紙がなくても問題なく作れた。ファスナーを付けないので、タオルの端っこを縫い合わせるだけだ。工夫した点は縫い目が裏になるようにしたことだけだ。

小さいサイズの枕を自作、羽根クッションの中身を減らしてコンパクトにした

市販されている小さい枕の購入を検討していた。購入する前に羽根クッションを小型軽量化できるかを自分で試した。小さい枕に作り変えられたので、市販されている小さい枕を購入しなくてもよくなった。

冬でも布団なしで寝る、太陽エネルギーを電力変換ロス0でフル活用してぽかぽかに暖まる方法

布団がなくても工夫次第で冬でもぽかぽかに暖まれる。太陽エネルギーを最大限有効活用するなら、変換ロスを極力少なくすればいい。日頃の研究の末、筆者はついに変換ロス0で太陽エネルギーを有効活用する方法を編み出したぞ。

室内で寝袋(シュラフ)を布団代わりの寝具として使う生活の魅力を画像や実例で紹介

布団ではなくまた寝袋を買った。以前に室内で1年間寝袋生活していた時に、想定外の大活躍があったので何の迷いもなかった。今回の寝袋活用例を紹介したり、以前の活躍ぶりを振り返ったりするよ。

唯一あった寝具の寝袋を断捨離で女性に譲渡したら短期旅行で持って行くほど有効活用されていた

断捨離で譲渡した物がどうなるのか。雑に扱われようが捨てられようが、すでに所有権を放棄しているのだから知ったこっちゃない。しかし、重宝してくれているのならうれしい。そこまで活用されれば譲渡した甲斐があったというもの。

寝る/敷く/着ると大活躍!布団や暖房なしでも封筒型寝袋2枚で寒い冬を乗り切れる!

封筒型寝袋2枚を着用して寒い冬を乗り切る方法を公開したら、他にも封筒型寝袋を着用する仲間が現れた。同士の出現を心から歓迎する。クソ寒い日本の冬をぜひとも乗り切ってほしい。

普通の封筒型寝袋を人型のように着る方法、歩けるし動けるし両手も自由で暖房いらず

封筒型寝袋2枚とバスタオルを使えば人型のように着られる寝袋として使える。バスタオルの代わりにベルトや帯があるなら良し。何℃まで耐えられるかは未検証だが、室温8℃までは暖房なしで生活できた。

海外旅行で駅や空港で寝るなら持ち物に銀マットがあると快適!ただし置引きに気をつけて

深夜便で空港到着なら電車の始発まで待つ時や、翌日早朝のフライトのために前夜に空港に行くのなら、空港で仮眠をとることがある。ベンチが寝にくい形状だったり、ベンチが満員だったりしても銀マットがあれば寝やすくなる。

断捨離で電マ/腹筋ローラー/封筒型寝袋を女性に着払郵送したら満足してもらえた

長期海外旅行に出発する前に不要品を知人女性に郵送したら、譲渡したものすべてをブログのネタにされた。まさか電マも載せるとは・・。ほなこちらも遠慮無く記事にして紹介するよ。

寝袋しかない部屋に女の子が泊まりに来たら、布団やベッドが無いは問題なし!

寝袋しかない部屋に女の子なんて来ない、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。来てからいったい何が始まるんです?決まってるじゃないですか!

Amazonで激安の封筒型化繊寝袋のおすすめの洗い方は自宅風呂の浴槽で丸洗い洗濯

布団を浴槽で丸洗いしたことがある人なら、寝袋2つ同時洗いは比較的たやすく感じられるはず。実際に洗った時の様子を写真や画像22枚を使って具体的に紹介。

部屋で寝袋で寝たり、室内で着る人は晴れの日に干すのが楽ちん

室内で寝袋生活を真冬を含めて半年以上している。寝る時、バランスボールのカバー、着用と寝袋ほど使い回せるものはそうそうない。

冬服は長袖4枚を重ね着、洗い替えはない

冬用衣服の着替えをはるか昔に断捨離済みなので、洗濯時の洗い替え衣服はない。真冬でも暖房をろくに使っていないが、どうとでもなる。写真10枚使って、着こなしなどを記載。

銀マット、部屋で寝る時は敷布団、起床後はキッチン床の断熱保温材

銀マット(断熱マット、ロールマット)は寝る時も起きている時も活躍する。安くてこんなに使える物はそうそうない。持たない生活のシンプルライフには最適。

一石三鳥!室内で寝袋(シュラフ)を一物三役すれば収納不要で暖房いらず

真冬は大阪でも最低気温がマイナスになる。寒い。しかし、寝袋(シュラフ)を適切に用いればモーマンタイ。

てすとてすと