読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

本人訴訟での原告準備書面1の書き方実例、答弁書に対する認否/反論/主張を述べて争う

訴状提出後、被告悪徳弁護士が移送申立で時間稼ぎをしてきたが、裁判所による移送却下の決定で事なきを得た。予想外なことに、即時抗告での更なる引き伸ばし工作は杞憂に終わった。これでやっと答弁書に対して反論できるぜ。

移送申立却下決定!しかし即時抗告の不服申立が心配、悪徳弁護士の作戦通り弄ばれているぜ(ノд・。)

予想通り移送申立は無事に却下された。しかし、悪徳弁護士がそれで攻撃をやめるわけがない。移送申立の目的は訴訟の引き伸ばしだったはず。それで原告(筆者)の精神的消耗を狙っていたのだから、即時抗告でさらに引き伸ばしてくるだろう。

移送申立に対する意見書を提出して移送させない、移送申立書の書き方に合わせる理由はない

被告らが出してきた「移送申立書」に異議があるので、「移送申立に対する意見書」を裁判所に提出した。これで移送をブロックしないと、原告である筆者に不利な場所で裁判が行われることになる。移送は避けたい。

答弁書で謝罪した事実を認めても反訴検討中と虚勢を張る、これがプライドだけ一人前の悪徳弁護士の書き方だ

謝罪したのは悪行だと分かってたからだろ。それでもさすがは悪徳弁護士、謝罪した事実を認めながらも活路を見出すべく真剣に知恵を絞った結果、反訴すると脅せばいいと考えたようだ。所詮はハッタリ、子供だましも大概にせえよ。

移送申立書で悪徳弁護士が合法的な嫌がらせで時間稼ぎをしてきた、答弁書と同時に提出かよ

悪徳弁護士から答弁書がやっと来たと思えば、移送申立書もあった。被告事務所から最寄りの裁判所で裁判したいとのこと。弁護過誤について争う前に、余計な小競り合いを仕掛けてくるなよな。

訴状を自分で作成して弁護過誤本人訴訟に臨む、書き方に工夫はなく事実を淡々と記載した

弁護過誤本人訴訟で最初に作成した書面が「訴状」。この訴状を裁判所に提出することで、悪徳弁護士との法廷バトルが始まる。いや、訴状提出前から戦っていたか。弁護士を訴えるなんて壁が高すぎるぜ。

弁護過誤本人訴訟の書面をブログで公開する時に登場人物の呼称を仮名にした定義一覧を作成した

書面をそのまま公開するわけにはいかない。書面に記載されている固有名詞を仮の名前に置き換え、日付も本来の日付とは異なるものを記載する。また、登場人物についてもまとめておいた。

悪徳弁護士や偉そうな弁護士を避けて、良識ある弁護士を選ぶ方法はシンプルだよ

弁護士の人数が増え競争原理が働くようになりつつある。弁護士を自分の意志で選べる時代だ。良識ある弁護士を選ぶためには質問するに限る。対面するとなかなか聞きにくい質問でもメールでなら聞けるよね。

素人が本人訴訟で悪徳弁護士を弁護過誤で訴えると返り討ちにあってボコボコにされた

諸事情で弁護士に民事裁判の代理人をさせた結果、敗訴した。契約前に「当然勝つ」と説明されていた。着手金欲しさに虚偽の説明をされていたのだ。そっちがその気なら、こっちにも考えがある。

てすとてすと