読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

押入れデスクの椅子/照明/ゴミ箱/USBファン/シュレッダーを小型軽量化した

押入れデスクの快適性を保ちながら、使っているものを徐々に小型軽量化している。2016年8月に押入れデスクを撮影していた。その2ヶ月前の状態と比較した。

すぐに撤去できる押入れデスクを自作した、電源延長ケーブルは壁と同色にすれば目立たない

引越しの度に押入れデスクの自作と撤去を繰り返している。押入れデスクの自作は今回で4回目だ。押入れの構造を変えずに押入れデスクを自作する。押入れデスクに最初からあるものと撤去が簡単なものだけを利用する。

2016年5月の押入れデスクとすかすかの天袋にある持ち物やその配置を公開

2016年5月に押入れデスクを撮影していた。押入れデスクに完成形はなく、マイナーアップデートを時々している。でも以前の状態からどこが変わったのか分かる人は筆者以外にいないだろうな。

室内で布団干しなら外した襖がおすすめ、収納スペース不要で押入れの換気もできて無料!

室内で布団を干すのなら、和室の襖(ふすま)を外してそれに干せるよ。専用の布団干しを買う必要がないし、専用の布団干しを収納するスペースも不要。押入れの襖を外せば、ついでに押入れの換気もできる。一石四鳥だ。すでにある物を有効活用していきたいね。

ホームオフィスのデスクとして押入れを改造、レイアウトの工夫不要で部屋を快適に広く使える実例

自宅オフィスの室内を狭くせずに大きなデスクを使いたいのなら、押入れを改造してデスクにしよう。脚がないのでガタつかないし床が痛まない。押入れは固定されているので間取りを考える必要もない。出費も極力抑えられる。一石何鳥だ?

押入れデスク自作で机代わり、100均突っ張り棒設置でLED照明の配線が気にならない

押入れを改造してパソコンデスクにした。今回で二回目。初回とは異なるアレンジをして快適性を追求する。釣り糸を使うのではなく100均突っ張り棒を導入。以前よりも見栄えが良くなったはず。

押入れを改造して机(パソコンデスク)→物を持たない生活でも快適!

シンプルライフに切り替えたとはいえ、元ミニマリストなので、可能な限り物を持たない生活を続けている。既にあるものを自由な発想で目的外に活用すれば物を増やさず快適性を上げられる。

てすとてすと