はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

AdSense

アドセンスの禁止ワード違反で広告非表示になってもNG部分の修正だけで連絡不要で広告配信が再開された

これくらいなら大丈夫だろうと大人の言葉を記事内に入れると、見事に広告が非表示になってしまった。心当たりがあったので、その部分をピンポイントで修正したら5日後には広告が表示されていた。

AdSenseコードを残したまま特定のページで広告を非表示にするJavaScriptプラグイン「AdSense Filter」を自作した

アドセンスコードを残したまま特定のページで広告を表示させない方法をひらめいた。これでWordPress以外のブログサービスでも状況に応じて広告の表示や非表示を自由に選択できるよ。jQuery不要。

アドセンスのアダルト(エスコートまたは国際結婚斡旋)警告メールが来たページの具体例と対策

アダルト画像や卑猥な単語を使わないで記事を作成していたのにアドセンスポリシー違反の警告メールが来た。記事公開後24時間以内の警告だったので、通報されたと考えるのが妥当だろう。

アドセンスのPIN入力にはGoogleからの手紙が必要、すぐに来ない

Google AdSenseで収益をあげて自分の口座に振り込んでもらうようにするには、PINという番号入力が必須になる。そのPINが記載された手紙を紹介。

はてなブログでアドセンスのレスポンシブ広告ユニット導入時のCSSサンプルコードver1.1.0

昨日(2014年5月13日)、はてなブログのスマホ表示のHTMLやCSSなどが変更されていた。これに伴い、レスポンシブ広告ユニット用のCSSを微調整した。

最低限のまとめ!Googleアドセンス導入時にはポリシークイズ全問正解と効果の高い広告の貼り方を要チェック!

Googleアドセンスのポリシー(規則)は難しい。知らない間にポリシー違反していることがある。広告停止や警告を何度か経験した筆者が実地で学んだことやGoogleの公式ページへのリンクをまとめた。

はてなブログでアドセンスのレスポンシブ広告ユニット導入時のCSSサンプルコード

アドセンスのレスポンシブ広告ユニットをスマホで表示させると、デフォルト状態だと広告の一部がはみ出てしまう。CSSコードをコピペで追加し、スマホのポートレートモード(横幅320px)ぴったりにしよう。

Google AdSenseのレスポンシブ広告ユニットでスマホ表示サイズにも最適化

アドセンスのレスポンシブ広告ユニット1つを使って、PC表示とスマホ表示で最適化する方法を述べる。JavaScriptではなくCSSでブラウザ横幅に応じて条件分岐可能。

Google AdSense停止から復活再開にはラベル「広告」か「スポンサーリンク」

規約違反のラベルを付けたり、ラベル自体を付けなかったりすると、いきなり広告配信を停止される時があるよ。Googleのソースを引用しつつ、停止から復活までを経験者が語っちゃうぜ。

はてなブログのスマホ表示にアドセンスやアクセス解析を設置

はてなブログのスマホ用テーマは、テーマ自体にアドセンスや任意のアクセス解析を設置できない。今のところ課金・無課金に関係なくカスタムできないからだ。これを何とかする方法について言及する。

てすとてすと