はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

HTML

リンク文字色は青色推奨、HTMLのデフォルト色でも良い、CSSで下線を消しても色は変えない方がいい

ブログ運営初心者にも分かりやすいようにリンクの文字色を変更する方法や理由を解説する。ブログでデザインに凝りたいというのでなければ、リンク文字色は青色にしておく方がいいよ。

YouTube埋め込みプレーヤーやリンクで途中再生の時間指定を簡単に設定する方法、分秒変換ツールあり

動画の前半を飛ばして、注目すべきところから動画が始まるようにしておくと見る人に親切だね。YouTubeのリンクや埋め込みプレーヤーのURLを編集すると時間指定できて途中からの再生が可能になるよ。

スマホ未対応の警告「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」がGoogleから来た時の対処方法

Googleウェブマスターツールから「(ドメイン名)でモバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」という件名のメールが来た。以前はスマホ対応していたが最近諸事情でスマホ未対応にしたからだろう。

簡単設定!他ブログではてなブックマークされてすぐに気付く方法、WordPress/FC2/ライブドア/bloggerなど

はてなブログ以外のブログサービスやウェブサイトでも、はてなブックマークされたら気付ける方法がある。何の設定もいらない方法とほぼリアルタイムで知る方法の2種類。

はてなブログ記事内にURLを記述すると自動でリンクになるのを解除する方法

URLを記述しても勝手にハイパーリンクにならないようにするには「自動リンク停止記法」を使う必要がある。

リンク先のサムネイル画像をHTMLタグで表示しCSSで装飾を設定する方法

リンク先を画像なしの文章で紹介するよりも、サムネイル画像を一緒に表示した方が直感的に伝えやすい。シンプルなHTMLとCSSで可能。jQueryやJavaScriptは不要。

はてなブログに挿入した画像のクリック拡大表示を簡単に解除する方法

記事内の元画像と拡大後が同じ大きさであれば、拡大表示機能は不要。カーソルが矢印から指に変わるので、なんらかのリンクがあると誤解する場合がある。ユーザビリティ向上のため、余計な機能は解除しよう。

SEOのマット・カッツ氏の「The Short Cutts」をモット・カッツしてはてなブログに当てはめた

はてなブログでの記事作成やプラグインの使用で参考になりそうな部分だけ引用し、ちょろっと補足した。

feedly(RSS)でも記事を崩さない!ブログ記事作成時にHTMLを適切に使っていこう

記事本文の装飾をCSSだけですると、RSSフィードではそれらが省かれてプレーンテキストになってしまう。HTMLを適切に使っていればfeedlyで閲覧時にもきちん装飾される。注意点も併せて確認したい。

はてなブログ記事内にCSSとJavaScriptを入れfeedlyでの表示を確認する実験投稿

feedlyでブログを読んでいると装飾が正常に反映されていないことがある。この記事では、意図した表示になるかどうかを調べるため、稀にしか使わないHTMLタグを使ったり、CSSやJavaScriptをインラインで使用して実験する。

ブログ記事作成を効率化!サムネイル画像付きのリンクを2クリックで作成

HTMLやCSSに慣れていない人でも、簡単にサムネイル画像付きのリンクを2クリックで作成できる。効率化できるところは効率化して、もっと重要な部分に時間を使おう。

googleクローラ対策!はてなブログ記事作成でも見出しタグを正しく使おう

はてなブログでは、「見出し入力補助機能」を使って大見出しを入れると、h3タグが使われる。これはあまり好ましくない。

はてなブログのテーマはCSS編集でカスタム。HTML編集は部分的にしかできない

はてなブログ管理画面のダッシュボードからPC表示用のCSSをカスタムできる場所へのアクセスについて図解している。また、HTMLやJavaScriptの挿入可能部分についても図解。

見たままモードよりもマークダウン記法の方が書きやすい

はてなブログの記事をブラウザで作成するときに、見たままモードだと入力した文章がまれに消えたことがあったが、マークダウン記法だとそれがない。

はてなブログの見出し入力補助機能で、大見出しがh2タグではない理由が不明

記事タイトルがh1なのだから、記事内でその次に大きな見出しにはh2を使うべきだ。などと書き綴ろうと思ったが、既に言及されている方がいらした。

blockquoteの中にpは入れられる→むしろ入れるべき

blockquoteタグの中にpタグは入れるべきなんだね。どちらもブロックレベル要素だから、お互いに入れ合うことはできないと思ってた。

てすとてすと