読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

RSS全文配信しか選択できないブログでも一部配信にして記事を丸ごとパクられないようにする対策方法

せっかく書いた記事を丸ごとパクられると腹が立つ。パクられて作成された記事を消させる労力はバカにならない。RSSで全文配信された内容を元にコピーサイトを作っている手口がメジャーなので、その被害を未然に防ぐにはRSSの全文配信に制限を加えればいい。

はてなブログ最大のデメリットはRSSを一部配信にできず全文配信しか選択できないこと

RSSフィードで記事全文を配信していると、ブログ記事をまるごとパクられる被害に遭うことがある。そんな昨今でもはてなブログはRSSの一部配信を選択できず、全文配信一択になっている。この点について運営側に問い合わせた。

RSS一部配信にできないブログは記事全文をパクられ放題!被害が出てからでは遅すぎる、はてなブログも例外ではない

2015年6月現在、記事全文をパクるやつらが横行しているにもかかわらず、いまだにRSSの一部配信を選択できないブログサービスがある。ブログをパクろうとするやつのスキルが低くても容易にパクれてしまう。全文配信しか選択できないブログは運営側に重過失が…

やべー!間違って公開した!という時に備えてブログRSSフィードは全文配信でなく一部配信にしておく方が良い

RSSで記事が配信されてきたが、作成途中の記事だった。RSSから記事ページを見に行くとその記事は存在しなかった。RSSフィードを一部配信にしていれば誤って公開したときの被害を小さくできるね。

ブログRSS購読者数の増減数推移をグラフ化して簡単に履歴を確認できるFeedly Graphが便利

誰かが一度購読者数を調べると、それ以降は購読者数を自動で記録しグラフ化してくれるFeedly Graphが便利。たまにデータを取得できずゼロの日もあるが概ね良好。自分が購読していないブログでもOK。

feedly(RSS)でも記事を崩さない!ブログ記事作成時にHTMLを適切に使っていこう

記事本文の装飾をCSSだけですると、RSSフィードではそれらが省かれてプレーンテキストになってしまう。HTMLを適切に使っていればfeedlyで閲覧時にもきちん装飾される。注意点も併せて確認したい。

はてなブログ記事内にCSSとJavaScriptを入れfeedlyでの表示を確認する実験投稿

feedlyでブログを読んでいると装飾が正常に反映されていないことがある。この記事では、意図した表示になるかどうかを調べるため、稀にしか使わないHTMLタグを使ったり、CSSやJavaScriptをインラインで使用して実験する。

はてなブログ利用者ならfeedly登録だけでなく読者登録機能を使って書き手を応援しよう

はてなブログに標準でついている「読者登録機能」を全く使っていなかった。考え方が180度変わって利用することにした。その経緯について述べる。

【消す方法判明】FeedlyでSaved For Laterした記事をUnsavedしても同期で復活し消せない

FeedlyでSaved For Laterした記事をUnsavedしても同期で復活し消せなかったが、消す方法(全消し)が判明した。

FeedlyでSaved For Laterした記事をUnsavedしても同期で復活し消せない

Saved For Laterが消えないのがある。

てすとてすと