読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

AccessAnalyzer(アクセスアナライザー)のエラーで表示遅延障害の対策方法

XREAのアクセス解析ツール:AccessAnalyzer(アクセスアナライザー)用のスクリプト読み込みエラーで、HTMLに入れている解析用コード以降のコンテンツが読み込まれない状況が頻発している。このエラーの詳細や対策についてまとめた。

状況

エラー内容

2015年7月14日から解析用コードの読み込みエラーが発生し、現在(7/21)も完全復旧はしていない模様。障害については次のとおり。

  • 解析用タグの読み込みに非常に時間がかかる
  • 解析用タグ以降のコンテンツが読み込まれにくい
  • 解析結果に取りこぼしがありアクセス数が少なくカウントされる

アクセス数が少なく見積もられる

下図は当月の日別アクセス数のキャプチャー画像。14日以前と以降とではカウントされているアクセス数が大きく異なっている。

GoogleアナリティクスやGoogleアドセンスのアクセス数も連動して落ちている。AccessAnalyzer(アクセスアナライザー)の解析用コードの読み込み遅延で、各種JavaScriptも適切に読み込まれていないからだろう。

復旧作業終了でもエラー継続中

XREAの障害情報ページによると7/15に 復旧作業が終了とのことだ。しかし、症状は軽くなっているのかもしれないが、完全復旧とはいえない状況だ。

サーバーアクセス障害(AccessAnalyzer 全体)

Amazon.co.jp: 嘘の見抜き方

2015年7月22日追記:

この記事作成時はやはりエラーが継続していたようだ。詳細は障害情報ページの更新部分で確認できる。

追記ここまで。

対策

障害を回避できる確率が高い順に紹介する。

解析用コードを削除

AccessAnalyzerの解析用コードが原因で各種エラーが発生しているのだから、解析用コードを削除すれば問題を根本的に解決できる。

しかし、当然ながらアクセス解析データを取得できないことになる。

解析用コードをページ下部へ移動

解析用コードをhead内ではなく、ページ下部(bodyの閉じタグ当たり)へ移動すれば、解析用コードまでのコンテンツは読み込まれやすい。

headに解析用コードを入れている時よりもアクセス解析の精度は落ちるが、エラーでコンテンツがすべて表示されないことを考えればそんなことは言ってられない。

解析サーバーを変更

解析用コードで使っているサーバーでエラーが生じている場合、そのサーバーとは別のサーバーに変更して一時しのぎできる。

アクセス解析サーバーにつながりません

スクリプト呼び出し、解析サーバーはそれぞれ二重化しています。「w1」「x1」「j1」であれば数字の「1」の部分を「2」と変えていただく事で障害の影響を回避できます。

よくある質問・FAQ - アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]

スクリプトを読み込むURLはデフォルトでは下記1になっており、エラー時は下記2のように変更すればいい。

  1. http://j1.ax.xrea.com/l.j
  2. http://j2.ax.xrea.com/l.j

2にエラーが生じたり両方共エラーになったりすればまた別の対策が必要になるが、とりあえずは一時しのぎ可能。上記「解析用コードをページ下部へ移動」と合わせて対策するといい。

Amazon.co.jp: 今できることをやればいい

エラー時の情報収集

障害情報の報告が早い順に紹介する。

2ちゃんねる

2ちゃんねるにAccessAnalyzerのスレッドがある。何か異常があれば短時間でレスが続く。2015年7月21日現在、パート8でレスは192ある。傾向として、エラー発生時以外はほとんどレスがつかないので、エラー時は分かりやすい。

公式のユーザーフォーラム

XREA公式のユーザーフォーラムにエラーに関する投稿があるかもしれない。次のリンク先で新着スレッド一覧を確認できる。

今回のエラーに関しては次のスレッドができていた。

公式の障害情報

XREAスタッフによって障害の状況や対策の有無などが書き込まれるスレッドがある。

ユーザーからエラー報告があっても対応しないことが少なくなく、正直なところ、あまり当てにならない。

Amazon.co.jp: 人はなぜ集団になると怠けるのか - 「社会的手抜き」の心理学

エラー発生時の体験談

今回のエラーに関して言及しているブログがあるので載せておく。エラー発生時から対策するまでの間の生々しい体験談を読める。

所感

AccessAnalyzerは、今回のように大規模なエラーがたまに発生する。また、規模の小さなエラーもちょいちょい発生している。たとえば、特定の日を挟んで解析データを見ようとするとエラーでデータが読み込まれないなどが挙げられる。

過去の傾向から今後もエラーが時々発生すると思われるが、アクセス解析のサービス自体は優れているので利用中止にはなかなかできない。AccessAnalyzerに安定性があれば一番使いやすさアクセス解析サービスなのだが。

まとめ

解析用コードの読み込みエラーが発生すれば、解析用コードをページ下部へ移動させてサーバー番号を変更する。これでも対策できない場合は、解析用コードを削除するしかなさそうだ。

Google AnalyticsはPCブラウザだと難しいがiPhone/Androidアプリなら分かりやすい - はぴらき合理化幻想

AdSenseコードを残したまま特定のページで広告を非表示にするJavaScriptプラグイン「AdSense Filter」を自作した - はぴらき合理化幻想

RSS全文配信しか選択できないブログでも一部配信にして記事を丸ごとパクられないようにする対策方法 - はぴらき合理化幻想

マークダウン記法をHTMLに変換するブラウザエディタに全選択と改行削除機能を付けた - はぴらき合理化幻想

ブログ引越しでアクセスアップを狙うなら過去記事を手動で移転し、火の鳥的構成でリニューアル! - はぴらき合理化幻想

スペシャルサンクス:素材提供

てすとてすと