読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

悪徳弁護士や偉そうな弁護士を避けて、良識ある弁護士を選ぶ方法はシンプルだよ

弁護士の人数が増え競争原理が働くようになりつつある。弁護士を自分の意志で選べる時代だ。良識ある弁護士を選ぶためには質問するに限る。対面するとなかなか聞きにくい質問でもメールでなら聞けるよね。

概要

契約前にメールし、その弁護士がきちんと返答してくるかどうかを確認するだけ。これすらもままならないようなら、その弁護士がまともに業務に取り組むとは考えられない。過去に問題があった弁護士はとりあえず避けよう。

Amazon.co.jp: 人生は「聞く力」で9割変わる

事前にメールで何を聞くべきか?

今までに依頼者から弁護過誤で訴えられたことや懲戒請求されたことがあるかどうかを聞くだけ。

対面時に「弁護過誤で訴えられたことがありますか?」とはなかなか聞きにくい。だからメールで聞くのだ。ただし偉そうな態度で聞いてはだめだ。相手に配慮しながら聞くべきだね。

これに対して、通常は「ない」と返答するだろう。返答してこないなら、返答できない理由がある弁護士なんだろうなと考えるのが妥当だろう。

万一、「ある」と返答してきたのなら、その経緯について聞くといい。弁護士側に正当性があるのなら返答できるはず。

素人に弁護過誤で訴えられて全部勝訴できていないようであれば、弁護過誤があった=悪徳弁護士という図式が成り立つ。至ってシンプルだ。

一度弁護過誤したやつをわざわざ選ぶ理由はない。他の弁護士を選ぶほうがいい。ハズレを引く確率は下がるだろう。

ヤフオクで初めて取引する出品者の評価を前もって調べるようなもの。過去の取引に問題があれば警戒するのは当然のこと

よっぽどのことがない限り素人が弁護過誤で弁護士を訴えるなんてしない。懲戒請求よりも少ないんじゃないかな。それを考えれば弁護過誤で一度訴えられるということがどれだけ重大な問題か想像に難くない。

まずないと期待したいが、弁護過誤で訴えられたことがあり全部勝訴しなかったにも関わらず、「弁護過誤で訴えられたことはない」もしくは「全部勝訴した」と虚偽の返答をしてきた場合は詐欺に該当しそう。

これが契約後に発覚すれば少なくとも詐欺取消が可能なんじゃないのかな。筆者は弁護士じゃないので、詳しいことはよくわからないけどさ。

Amazon.co.jp: 金かえせっ! 実録 ネット詐欺との死闘

偉そうな弁護士を避けるには

しばらく交流することになる弁護士が偉そうな態度をとってくるとうっとうしいよ。そういう弁護士は避けるに限る。

弁護士事務所のウェブサイト(ホームページ)を確認し、FAQの項目などに「先生のご専門は何ですか?」というような文言があれば注意だ。

そういう事務所は先生と言ってくれる客に来てほしいのだ。つまり客相手に偉そうにしたいわけだ。客よりも自分たちの方が偉いと勘違いしているから書ける文章だ。

弁護士業界の悪い慣習で、客に自分たちを先生と呼ばせたがる弁護士がわりといる。

メールで問い合わせる際に、弁護士に対して○○先生という風に書かない方がいい。○○さんと書いて返答してくるようなら、とりあえずOKだ。

勘違いしてはいけないのは、客だからと偉そうにしてはいけない。あくまでも対等の立場であるという点を抑えておきたい。自分が弁護士だったら偉そうな客よりも対等に接してくれる客の方がいいと思うはずだ。

客から弁護士を一方的にリスペクトするような関係よりも、客と弁護士がお互いにリスペクトできる関係の方がいいのは言うまでもない。よって、これを煙たがる弁護士を選ぶ理由はない。

弁護士の数は増えているのだから、まともな弁護士に仕事を持って行き、そういうところが潤うようにしたいね。偉そうな弁護士が栄えないようにしたい。

Amazon.co.jp: 勇者に滅ぼされるだけの簡単なお仕事です

スペシャルサンクス

筆者が作成した次のページに下記コメントをいただいた。よって当初の予定を変更してこのページを急遽作成した。

素人が本人訴訟で悪徳弁護士を弁護過誤で訴えると返り討ちにあってボコボコにされた - はぴらき合理化幻想

悪徳弁護士の名前おせーて

その悪徳弁護士って名前なんていうの? そいつに頼むのだけは避けたいからさ amazu81

至極当然の質問だ。ズバッと返答したいところだが、言及は避けておく。そいつの名前を公表したところで、そいつだけを避ければいいというものではないからね。

筆者の言いたいことはそいつを吊るし上げるのではなく「弁護士の中には悪徳弁護士がいるので気をつけてほしい」ということだ。

Amazon.co.jp: 乗っ取りはおまかせください!悪徳弁護士とその仲間たち

これから裁判すっぞ

おぉ~!!これは参考になる!来週から同じく裁判に着手しようと思っている自分にとっては。suzukidesu23

裁判される際は弁護士に相談することもあるだろうから、その際はぜひ良識ある弁護士に相談してほしい。コメントしてくれた鈴木さんは筆者よりも何倍も人を見る目があるので釈迦に説法で申し訳ない。

筆者が接したことがあるほとんどの弁護士は良識あるすばらしい人たちだったが、筆者がこのブログで今後言及するような着手金目当ての悪徳弁護士にはくれぐれも引っかからないでほしい。

まとめ

訴訟代理契約をしてから悪徳弁護士と気づいても遅い。代理人をさせる前に確認することで、少なくとも過去の行いが悪かった弁護士を洗い出せる。仲間だと思っていた弁護士が後々敵になるような状況は筆者だけで十分だ。

スペシャルサンクス:素材協力

追記

続き。

弁護過誤本人訴訟の書面をブログで公開する時に登場人物の呼称を仮名にした定義一覧を作成した - はぴらき合理化幻想

てすとてすと