読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

訪問済みハイパーリンクの文字色をデフォルトから変更するCSS設定

ハイパーリンクの文字色は未訪問か訪問済みかを分けてCSSで簡単に設定できる。しかし、未訪問と訪問済みで異なる文字色にするのではなく、同じにしておいた方がサイト管理者にとっては有利かな。

訪問済みリンクのCSSを定義するには

CSSに次のコードを追加するだけ。

a:visited{color:#609;}

#609;が色を指定しており、その色は紫色。これは現在、Googleが設定している訪問済みリンクの色と同じ。

#609;を別のカラーコードに変更すれば好きな色にカスタムできる。未訪問リンク用のカラーコードと同じにすれば、未訪問/訪問済みで同じ文字色となる。

次のコードで訪問済みリンクを青にできる。

a:visited{color:#00c;}

はてなブログでCSSを設定するには

PC表示だけに適用する方法と、PC表示とスマホ表示の両方に適用する方法があり、それらを次のページで確認できる。

サイト管理者には同じ文字色の方がいい

アクセス数が増えるので。

同じ人が5ページを見ても1しかカウントされないUUに対して、PVなら同じ人が5ページ見れば5PVとしてカウントされる。

  • PV:Page View、ページビュー
  • UU:Unique User、ユニークユーザー

訪問済みリンク文字色と未訪問が明らかに異なる文字色なら、「あ、このページは既に見ているので、別に見なくてもいいか」となったりする。

対して、訪問済みリンクも未訪問リンクも同じ色なら、既に見たことがあるという先入観なしで訪問済みのページを見てもらえるかもしれない。

よって、少なくともサイト管理者には文字色を統一している方が望ましいといえる。

ちなみに、共用PCを使っている人の中には自分がどのページを見たのかを知られたくない人もおり、そういう人にも親切な設定といえる。

ユーザースタイルシートで強制的に変更可能

サイト訪問者によっては、未訪問/訪問済みの区別がつく方がいいと思う人がいるのも事実。

そういう人はブラウザのユーザースタイルシートで別途上記コードを定義して好きな文字色などに変更することをお勧めする。

Chromeなら拡張機能でStylebotがある。便利。

ユーザースタイルシートを編集できるChrome拡張機能stylebotの使い方 - はぴらき合理化幻想

理論と実践を近日中に公開

このページ公開時には未訪問/訪問済みで文字色を変えている。これによりPVとUUにどんな影響があるのかを実際に測定してみる。

上述のとおり、UUに対してPVが伸びなくなると考えているが、実際の割合など確認したら近日中に公開するよ。なお、当ブログの過去一ヶ月のPVとUUは次のページで確認できる。

ブログ毎日投稿を四ヶ月継続時のアクセス数推移、SEOとバズったの合わせ技 - はぴらき合理化幻想

追記:次のページで述べているとおり、理論どおりだったよ(^^)v

ブログPV増加でアクセス数アップ!リンク文字色を未訪問/訪問済みで変えない方がいい! - はぴらき合理化幻想

追記ここまで。

まとめ

訪問者側で文字色を変更できるので、サイト管理者としては未訪問/訪問済みで文字色を統一した方がいいね。

売れ筋ランキング: HTML / CSS の中で最も人気のある商品です

てすとてすと