読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

タイでdtacのプリペイドSIMカードをSIMフリー携帯電話に挿して格安データ通信する時の設定方法(初心者向け)

SIMフリーのスマートホンにdtacのSIMカードを入れて自力で設定しようとしたが困難だった。知人のサポートによりデータ通信できるようになった。その手順をまとめておく。初心者向けにひとつひとつ解説する。

概要

日本でも海外でも携帯電話の契約をしていない筆者が、タイで初めてSIMフリー携帯電話を使った。その時の感想や設定方法を記載している。SIMフリー端末にSIMカードを挿すだけでは駄目だった。少しだが設定が必要だった。

利用した定額データ通信プラン

dtacを選んだ理由は、知人がdtacが一番お得だと言っていたから。詳しい人のアドバイスをそのまま受け入れた。

  • 7日間で79バーツ(290円相当)
  • 1.2GBまで512kbpsで利用可能
  • 1.2GBを超えると64kbpsに下がるがデータ通信可能

準備したもの

SIMカード購入時に書類をいちいち書かなくていいのがすばらしい。パスポートの提示が義務付けられているようだが筆者の場合は必要なかった(2015年2月)。

  1. SIMカードの入っていた入れ物(49バーツ)
  2. SIMカード(1から出した)
  3. SIMフリー携帯電話(知人から借りた)
  4. チャージ用のカード(コンビニで120バーツ分購入)

それぞれの裏側。SIMカードは通常サイズとNANOサイズに対応可能。

タイのデータ定額SIMカード Dtac 7日間unlimited

売れ筋ランキング: 携帯電話・スマートフォン本体 の中で最も人気のある商品です

SIMカードを装着

下図のようにSIMカードを切り離して、バッテリーの下に入れた。筆者はSIMカードを挿す場所や挿し方も知らなかった。SIMカードを入れるタイプの携帯電話を所持したことがないので、仕方ないだろう><

バッテリーを装着し電源を入れると販促のショートメッセージがすぐに来た。無視無視。

残高をチャージ(top up)する

SIMカードを購入しただけでは、最初の抱き合わせ販売分の15バーツしかチャージされていない。格安定額データプラン(79バーツ)を使うためにはあらかじめチャージしておく必要がある。

チャージする方法を3種類述べる。なお、チャージのことをタイでは「top up」という。

チャージ用のカード

チャージ用のカードがあれば店に行く必要はない。銀色部分を削ってIDナンバーを確認する。下図で番号を振ったとおりに左から順番に番号を入力してダイヤルすればチャージされる。

当然ながらシリアルナンバーとIDナンバーはご自身で用意したチャージ用カードのものを入力する。

  • 例:*101*1303981910171555#

携帯電話に番号を入力している途中を撮影。シリアルナンバーの途中まで入力したところ。

コンビニでチャージ

コンビニの店内に設置されている端末でもチャージ可能。コンビニの店員に声をかけてから使う。聞けば操作方法を教えてくれる。知人によると60バーツから10バーツ単位でチャージ可能とのこと。

道端でチャージ

下図はコンビニの傍の端末だが、コンビニがなくてもチャージ用の端末が道端に設置されていることがある。筆者は未使用なので使い方は不明。

道端3姉妹スタイル

APNを設定する

APN(アクセスポイント名)を設定しないと、いくらSIMカードをいれて残高をチャージしてもデータ通信できない。この設定を知らなければ自力ではいつまでたっても利用できない。忘れず設定しよう。

dtacのAPNは次のとおり。

  • www.dtac.co.th

データ通信定額プランに申し込む

チャージ同様、これも携帯電話だけでできる。知人から聞いていた512kbpsデータ通信を一週間使い放題で59バーツというプランに申し込むべくその番号にダイヤルしたが、すでにサービス終了していた。

上の写真に載っている79バーツで1.5GBまで512kbpsデータ通信ができるプランに申し込んだ。この手続きも簡単。指定されている番号にダイヤルするだけ。(このサービスもすぐに終了するかもしれない)

  • *104*857*9#

ショートメッセージを待てとのこと。

すぐに来た。

タイ語は分からんが、ショートメッセージの内容を推測すると次のとおり。

  • 7日間有効
  • 1.2GBまで512kbpsでデータ通信可能
  • 1.2GBを超えると64kbpsに下がる

知人もそのように言っていたので間違いないはず。販促には1.5GBとあったがショートメッセージには1.2GBとある理由は知人も不明だった。

以上で定額データ通信を利用可能になった。

なお、余談ではあるが、上の写真内の最初のメッセージの日時はYesterday 18:16で、2つ目のメッセージが00:07となっている。

18時過ぎに契約するとその日は6時間ほどしか使えないので実質6日と6時間しか利用可能期間がない。それは好ましくないので、わざわざ日が変わるまで待って契約した。これで7日間フルで使える。

細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖

残高確認と有効期限

次の番号にダイヤルすると残高と有効期限を確認できる。

  • *101*9#

残高を確認すると44バーツほど残っていた。チャージおよび利用履歴は次のとおり。

  • +15バーツ(SIMカードに抱き合わせ分)
  • +120バーツ(チャージした分)
  • -79バーツ(データ通信定額プラン)
  • -12バーツほど(ショートメッセージなど)

よって44バーツほど残っている計算になる。

販促のショートメッセージがわりとくる

受信は無料だけど、うっとうしい。設定で送ってこないようにできるのかな。

スパム

まとめおよび謝辞

何もかも初めてだと一人で設定するのは困難。SIMカード販売店で初期設定してもらう方が良さそう。筆者の場合は知人がいて助かった。どうもありがとうございました。

タイのデータ定額SIMカード Dtac 7日間unlimited

てすとてすと