はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

富士山登山の夏装備、初心者の登山時に必要な服装荷物とバスに置いておく道具

富士山登山で登山時にバックパックに入れて持っていくものと、バスの中に置いておく持ち物をリストアップした。富士山登山は過去に3回経験があり、今回が4回目。まだ初心者なので改善の余地あり。

筆者の登山歴

初回はガイド付きのツアーに知人と参加した。天候不良により、ガイドの判断で八合目で途中下山になった。

2回目はツアーではなく自分たちで車を運転して新五合まで行った。天候が良好の中で登山できた。無事に山頂に辿り着き、無事に戻ってこれた。祝☆初登頂!

3回目も知人と共に車で行った。これまた天候良好で無事に登頂できた。砂走り初体験だったがそれ用の装備を自作したり、GPSで高度を確認しながら登山したりなどかなり楽しんだ。

毎回高山病になった。7合目あたりから軽い頭痛が始まり、高度が上がるにつれじわじわと痛みが増す。吐き気を伴ったり動けなくなったりはないが、状態異常であるのは明らかだ。

以上、3回の経験を踏まえて持ち物や服装を述べる。なお、4回目の今回はバスを利用するツアーだがフリープランなのでガイドなし。

格安高速バス・夜行バスの予約ならサンシャインツアー

登山時の服装と持ち物

服装

自宅を出て電車やバスに乗車時もすでに登山の服装だった。下図は、今回の登山開始直前の服装。五合目にて。

富士山登山の服装具体例

  • 頭:普段から着用しているキャップ
  • 体:タンクトップを着てから半袖を着用、どちらもユニクロ
  • 腕:腕時計
  • 脚:モンベルの分離式ズボン
  • 足:ランニングシューズ

以上のとおり、普段から使っているものしか着用していない。モンベルのズボンも普段使いしているので、数年に一回の本来の使い方になった。

なお、タンクトップ・下着・靴下は下山後の温泉で捨てて帰るので、使い古したものを着用していた。帰りの荷物を軽くする作戦だよ。

筆者は携帯電話の契約をしていないので代わりにiPod Touch 5をズボンのポケットに入れた。USBチャージャーとライトニングケーブルも。

登山時のバックパックの中身

防寒着として

  • ウィンドブレーカー(体用)
  • モンベルの軽いフリース(体用)
  • ダイソーのレインコート(上下)
  • ダイソーの手袋(両手)

ウィンドブレーカーでは雨をしのげない。浸透してくる。雨の日にウィンドブレーカーでバイクに乗ったことがある人なら想像がつくと思う。

ダイソーのレインコートを事前に着用したが、筆者の身長が180cm以上あるためかかなり窮屈だった。また実際に着用して動くと様々な点で問題が発生した。それは本編にて。

ダイソーのレインコートを着用

モンベル シャミースジャケット

売れ筋ランキング: メンズレインウェア の中で最も人気のある商品です

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: レディースレインウェア の中で最も人気のある商品です

冬に購入したダイソーの手袋も帰りに捨てる予定。

ダイソーのスマホタッチパネル対応手袋を使い込むと操作性が格段に良くなった - はぴらき合理化幻想

山登りABC 山のエマージェンシー

道具類

  • タオル1枚(使い古し、捨てて帰るので)
  • ザックカバー(バックパックのレインコート)

今回は昼間に登山するので懐中電灯は不要。GPSは譲渡してしまったのでもう使えない。

LED懐中電灯とディフューザーと洗濯バサミで吊るすランタンを自作 - はぴらき合理化幻想

売れ筋ランキング: 登山・クライミング用品 の中で最も人気のある商品です

食料・飲み物

スーパー玉出で安かったパンを購入した。登山時の食料だね。

富士山登山用の食料

前回の登山後に記録していたローカルファイルに、「1.5リットルでは足りない。次回は2リットル推奨」とあった。また前回の登山後に脱水症状のような状態になったので、バスに置いておくための水分も持っていくことにした。

登山時にスポーツ飲料を持って行き、水やお茶はバスに置いておく作戦だ。

富士山登山用の飲み物

行き帰りのバスに置いておく物

登山で着用した衣類は砂などで汚れるので、着替えは必要だ。ツアーの料金に温泉代も含まれている。そこにシャンプーなどがあるのでそれらを持って行く必要がない。下図は自宅出発前のバックパック中身だ。

富士山登山の持ち物

  • 上下の着替え
  • リーフツアラー(バス車中の寒さ対策のバスタオル)
  • WiMAX端末(携帯電話代わりの通信用)
  • 折り畳み傘(登山時以外の雨用)
  • 耳栓(バスで安眠するため)
  • アイマスク(同上)
  • 歯ブラシ(パーキングエリアや温泉で使う)
  • デオナチュレ(汗のにおい対策)
  • 上述のスポーツ飲料以外の飲み物
  • 潤い贅沢とタフマン

一緒に登山に行く知人とは別の知人から以前に潤い贅沢とタフマンをいただいていた。まだ飲んでいなかったので、下山後に飲むことにした。

潤い贅沢とタフマン

タフマンV

まとめ

登山時に着用する服装、登山時にバックパックに入れる物、バスに置いておく物という具合に分けると無駄なく荷物を詰め込める。余計な物を持って登山すると余計な体力を消耗する。よく考えたいところだ。

てすとてすと