読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

海外旅行で長期不在なら郵便物を配達せず無料で最長30日間保留できる、一人暮らしに最適

郵便局に不在届を提出すれば、最長で30日間は配達をストップできる。同居人が残る場合は利用できない。一人暮らしの人が海外旅行・国内旅行・入院などで長期間留守にする際に便利なサービスだ。

配達を最長30日間保留する方法

郵便局で不在届を書いて提出するだけ。

旅行や帰省など、長期間ご不在となる場合は、不在となる期間(最長30日)をあらかじめ不在届により届けていただければ、その期間内に到着した郵便物等は、届出期間終了後に配達にお伺いします。

長期間不在とする場合の郵便物等の配達について教えてください - 日本郵便

利用時の注意点

  • その家の人が全員不在であること。
  • 誰か一人でもいるのが判明すれば配達される。
  • すべての郵便物が対象。一部だけを配達保留にはできない。
  • 保管可能な30日間が経過した次の営業日に配達される。

郵便局の仕事はあくまでも配達であって保管ではない。だから受け取れる人がいるのならその人に配達すればいいでしょ、という方針のようだ。

向いている人

  • 一人暮らし
  • 30日以内に帰ってくる

向いていない人

まとめ

書類を提出するだけで無料で利用できるので、一人暮らしの人にちょうどいいサービスだ。不在時に郵便物が盗まれる心配をしなくていいのは助かるね。

てすとてすと