はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

googleクローラ対策!はてなブログ記事作成でも見出しタグを正しく使おう

はてなブログでは、「見出し入力補助機能」を使って大見出しを入れると、h3タグが使われる。これはあまり好ましくない。

はてなブログの仕様が意味不明

はてなブログの見出し入力補助機能の仕様が意味不明なので、利用者側で対処するしかない。詳細は次の記事参照。

見出しを適切に使おう

記事タイトルがh1なので、記事内でその次に大きな見出しにはh2を使うべき。h2の次に大きな見出しとしてh3を使うべき。h2がないにもかかわらず、h3で見出しを設けるのはHTMLの文法的によくない。

h1からh3に飛ぶのと同じで、h2の次にh3ではなくh4が見出しになるのも文法的におかしい。

見出しを適切に使っていれば、CSSで自動的に序数を付加できるので便利。

見出しから目次を自動生成できるので、長文を書く場合は一層見出しを使いたい。

メリット:googleクローラ対策になる

きちんとした文章を作成すれば、googleクローラにも意味を伝えやすい。相手はロボットなんだから、ロボットにも分かりやすくしてあげよう。

売れ筋ランキング: ホームページ入門書 の中で最も人気のある商品です

まとめ

気軽にブログをしているだけなら、この記事に記載している内容は無視した方がいい。余計な手間と感じてしまえば、肝心のブログ記事投稿にストレスになるかもしれないからだ。

自分のブログが少しでも有利になるのなら手間暇を惜しまない、って人は参考にしてほしい。

てすとてすと