はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

はてなブログ利用者ならfeedly登録だけでなく読者登録機能を使って書き手を応援しよう

はてなブログに標準でついている「読者登録機能」を全く使っていなかった。考え方が180度変わって利用することにした。その経緯について述べる。

発端

次の記事を拝読し、そういう側面もあるのかと感じ実際に行動した。すなわち感動した。

今日まで読者登録機能を使わなかった理由

  • 気に入ったブログをfeedlyで登録しており、はてなブロガー限定の読者登録機能を必要としなかった。
  • feedlyは毎日利用するが、はてなを毎日利用するとは当初考えていなかった。
  • 「読者になる」という文言にとらわれ、それ以上の効果を考えなかった。

今日から読者登録を使い始めた理由

純粋に応援したいから

feedlyだけで登録していると、書き手は誰が購読しているのかを把握できない。しかし、はてなブログで読者登録すれば誰が購読しているのかが分かり、購読者数が+1される。それによって、自分が気に入ってる書き手のモチベーションが上るのなら、読者登録機能は使うべきだと思った。

更新を継続してほしいから

feedlyで多くのブログを購読し、登録数が日々増えていく一方だが、減らすことはまずない。理由は、すでに登録している書き手がブログ更新をやめてしまうからだ。これは残念。

購読している者としては、気に入って購読しているのだからもっと記事を作成してほしいと考える。しかし、書き手の善意によるブログがほとんどなので、書き手に対してブログ更新を依頼できない。

よって、書き手のモチベーションが下がって更新が滞るのを阻止すべく、書き手が継続的にブログを更新してくれるように、読者登録でニーズがある旨を明示する。どの程度の効果があるかわからないが、購読している者としてはやれるだけのことはやりたい。

まとめ

読者登録機能をまだ使っていない人は、増税前に使い始めよう!

追記

また180度変わった。これ以上登録を増やすのはやめた。自分のブログ更新に影響がでるようなら元も子もない。詳細は次のリンク先で確認できる。

はてなブログやはてなブックマークのお知らせ数字バッジの非表示はユーザーCSSで可能、作業中断原因を取り除こう - はぴらき合理化幻想

てすとてすと