読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

安い!事故物件に住む人は家賃半額!UR関西・大阪の賃貸団地に今住んでいます

シンプルライフ 海外旅行やノマド生活 経験者は語る 節約生活 UR賃貸住宅

お化けは一切でてこないし、異臭もしない。室内はリノベーション直後なので美しい。世の中で迷信を信じている人たちに感謝だよ。

事故物件に住む理由

安いから。家賃が半額だから。貧乏だから。経済的な理由以外で事故物件に住む理由はないんじゃないかな。家賃が同じなら事故物件でない通常の物件を選ぶに決まってる。

共益費は別途2千円ほど必要だが、現在2Kを家賃1万8千円台で借りている。

UR関西の事故物件契約書

食費や水道光熱費など変動費を節約するよりも家賃などの固定費を節約すべき - はぴらき合理化幻想

事故物件契約時の説明

新聞によると

不動産法務に詳しい森田雅也弁護士によると、事故物件の最初の借り手や買い手には「事故後5〜7年は告知義務が生じる」。URはこの基準に沿って、事故物件で亡くなった住人の死亡日時▽遺体発見場所▽年齢▽性別▽事件性の有無−−といった生々しい情報も説明する。それでも「募集から1カ月以内で半分程度は埋まる」(UR)という需要がある。

2014-04-07 事故物件:あえて借ります…「縁起悪い」より「家賃安い」 - 毎日新聞 魚拓

筆者は上記ページのような説明を受けていない。

実際の説明

筆者が受けた説明と照らし合わせると次の通り。

  • 事故物件で亡くなった住人の死亡日時:不明
  • 遺体発見場所:不明、室内のどこなんだろう?
  • 年齢:不明
  • 性別:不明
  • 事件性の有無:なし、病死と伝えられた

実際のやりとりは次の通り。

  • 前の住人が室内で病死したのを認識している旨の書面にサインを求められた。
  • 前の住人がどんな人だったのかなどを尋ねても、それは教えられないの一点張りだった。

特に不満なし、むしろ好印象

新聞に記載されている内容が正しいとすれば、筆者の時は説明をかなり省かれていたようだ。

しかし、接客してくれたURのスタッフは皆さん丁寧で感じがよく、説明を省いているような印象は全くなかった。宅建士による重要事項の説明時にいくつか質問したが、それにもきちんと返答してくれた。

新聞に記載されている弁護士の森田雅也氏は東京弁護士会に所属しているので、UR関東で実施されている説明を述べたのかもしれない。

仮契約から入居までの間

URの通常の物件なら、契約後すぐに入居できる。しかし、事故物件によっては契約の仮申込みをしてから、室内改装をする場合がある。筆者の場合、仮申込み後1ヶ月ちょいかかった。

改装されてから内覧となる。この時に気が変われば白紙撤回も可能。気に入れば本契約へと進む。

家賃の半額割引はいつまでか?

家賃の割引は、入居した日から翌年の同月末日まで。例えば、4/8に入居すれば翌年の4/30までが半額になる。この間、敷金も割引されている。

割引期間が終了すると、敷金も通常価格になるので追加でチャージしなければならない。

筆者のように荷物が少ないシンプルライフやミニマリストなら、割引期間が終了する前に別の事故物件に引っ越すのも容易。そういう生活もおもしろそう。

ミニマリストからシンプルライフになった2つの理由 - はぴらき合理化幻想

写真27枚、引越しで持ち物99%を断捨離!部屋のビフォーアフター実例を公開 - はぴらき合理化幻想

住んでみて何か怖い目に遭ったか?

特になし。お化けなんて全く出ない。異臭もなし。

あえて挙げるなら、前の住人(死亡)の知人と思われる60代頃の女性2人組が我が家に来たことぐらい。我が家の玄関を勝手に開けて、「わぁ、開いてる!」などと言いよった。

筆者が「誰?」と言ったら、「お宅誰ですか?」と逆に言われた。ここは筆者の家だ。寝ぼけたことを言うな。少しかみ合わない会話が続く。

  • 筆者「最近引越して来たんですわ。前の人の知り合いですか?」
  • 婆「ええ、いつから住んでるんですか?」
  • 筆者「前の人どんな人やったんですか?」
  • 婆「ご存知でしょう?」
  • 筆者「知りまへんがな。」
  • 婆「それやったらね、いいんですけどね。」
  • 筆者「そないでっか。」
  • 婆「私らちょっと寄っただけやから、ほな失礼します。」

以上のことから、前の住人も60代頃の女性だったんじゃないかなと推測している。もしかしたら、前の住人が人の姿を借りて挨拶しにきたのかもね。

UR事故物件(特別募集)をネットで調べられる

URは大きく分けて6地域にあり、その内4地域がネットでも物件情報を確認できる。早い者勝ち。

貞子! フルヘッドマスク

まとめ:筆者の考え

こんなに綺麗な部屋を家賃半額で住めるなんて、財布に直結するライフハックとしか言いようがない。まじおすすめ。荷物が少ない人なら、事故物件を渡り歩くのもありだろう。

知人が来た時に、「あんたの今座ってる所、人が死んでた場所やで。ちょうどそんな感じで座って亡くなってたらしいわ。」とシャレにならないブラックジョークを言ったりもできる。これはおすすめしないが。

てすとてすと