はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

キッチンシンク排水口のぬめり防止には簡単に掃除できるトゲトゲボールを導入

排水口underトゲトゲボール

掃除をすぐにできるようにしておけば、専用の洗剤が不要だし悪臭が発生することもない。排水口の構造を把握した上で自己責任で対策を講じよう。

排水口のパーツを外せば完了

我が家のキッチンシンク排水口

外せる部分を全て外し、フタ代わりにトゲトゲボールを設置。

キッチンシンク排水口にトゲトゲボール

食器用スポンジで洗う

食器用スポンジと食器用洗剤で毎日洗っているので、排水口周辺をそのまま洗える。掃除道具を別途用意したり片付けたりする手間がなくてよい。シンプル・イズ・ベスト!

キッチン・シンクをスポンジで洗う

「いや、さすがに食器用で排水口を洗うのはないわー」という考えは十分わかる。それが多数派。筆者は心理的な問題よりも合理性や好効率を重視する傾向にあるので、やっているだけ。

取り外したパーツは3つ

  • 写真左:生ゴミの目隠し用フタ
  • 写真右:生ゴミ用ネット
  • 写真上:排水口のフタ

説明するまでもないが、一番上に来るのは生ゴミの目隠し用フタ。

その下に生ゴミ用ネットがあり、排水口のフタが最後にある。

こんなにもパーツがあれば掃除するの面倒でしょ。

気軽に外してもいいのか?

一般家庭ではそのまま外さない方がいい。排水口のフタにも次のとおり書かれている。

掃除の時以外は必ず取り付けること

ではなぜ筆者は取り外したのか?理由は簡単、筆者はシンプルライフだから。答えもシンプルだ。

  • 凝った料理をしないので野菜くずなどの生ゴミがでない。
  • 一人暮らしなので家族が誤って排水口に箸を入れたりもない。
  • そこそこきれい好きなので排水口まわりを清潔に保ちたい。

以上の条件を総合判断した結果、パーツ3つを取り外した。

食器と食生活はローコストだけどシンプルライフで充実生活、こだわりも最小限 - はぴらき合理化幻想

よって、筆者と似たような環境や考えに賛同できる方は自己責任で同じようにしてみてほしい。掃除が格段に楽になるよ。

なぜトゲトゲボールなのか?

排水口の蓋がないと悪臭が漂うのでフタは必要。かといって、マグ用のフタなどでは排水口に吸着してしまう。トゲトゲのないボールでも吸着する。←吸着しなかった。

トゲトゲボールならトゲが排水口とボールの間にわずかな隙間をつくる。その隙間に排水が流れ込み、ボールが浮き上がって排水されるが、排水後はまた排水口の上にトゲトゲボールが設置されるという具合。

キッチンシンク排水口にトゲトゲボール

トゲによるわずかな隙間から悪臭が来そうなものだが、今のところ筆者には問題なし。

まとめ

自分で考えて試行錯誤し、うまくいった時の快感は何物にも代えがたい。排水口まわりの改善というなんでもないところでも楽しさを見いだせる。シンプルライフはやめられない。

Amazon.co.jp | ダンノ(DANNO) リフレックスボール

追記

トゲトゲボールではなく普通のボールで問題なかった\(^o^)/

台所流し台の掃除は時短可能!ぬめり対策でパーツ外して掃除らくらく、ボールが悪臭防止に効果的 - はぴらき合理化幻想

てすとてすと