はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

海外の寸借詐欺に注意!食事中に話しかけられてゴミを渡された上に悪態をつかれた

マレーシアのクアラルンプールにあるマクドナルドでソフトクリームを食べていたら、袈裟を着た坊主に話しかけられた。金色の小判のような札を渡されて、名前を書けとのこと。初対面の胡散臭いやつに言われて名前なんて書けるかよ!

坊主に対する事前の認識

2008~2009年頃、修行僧のような袈裟を着ている人がクアラルンプールのチャイナタウン内の通りで立っているのをときどき見かけていた。通行人に対して金色の小判のような札を差し出しながら話しかけている。

どうせ金をせびっているだけだろう、と予想していたものの実際には何を行っているのかは不明だった。

坊主がマクドナルドにいた

いつものようにマクドナルドで下手くそに巻かれたソフトクリームを買って、2Fでのんびりと食べることにした。

ソフトクリーム巻き方のコツを掴むために練習すべきだよ、マレーシアのマクドナルド店員は - はぴらき合理化幻想

階段付近のテーブル席に坊主がいた。モンクは文句を言わずに一人でもくもくと食事していた。筆者はその坊主が見える別のテーブル席に着席した。

坊主が営業活動を開始した

筆者がテーブル席に座って間もなく、食事を終わらせた坊主が階段付近のテーブル席にいる他の客から順番に話しかけ始めた。

話しかけられた客のすべてが坊主の差し出す金色の小判みたいな札を受け取らなかった。予想通りの反応だ。

坊主がお金をせびる手口

英語をまったく話せない

ついに筆者のところまで来た。金色の小判みたいな札を差し出してきた。しかし何も言わない。筆者から話しかけた。

  • 筆者「What's up?(何?)」
  • 坊主「・・・。」
  • 筆者「What's up?」
  • 坊主「・・・。」
  • 筆者「What's up?」
  • 坊主「什麼?(シェンマ:中国語で「何」という意味)」

Amazon.co.jp: おまえが言うな。

坊主の方からアプローチしてきて「何?」はないだろう。

仏の心でリードする筆者

坊主が何を望んでいるのかはある程度は予測できるので、少しだけリードした。金色の小判みたいな札を指差してジェスチャーを交えながら聞いてみた。

  • 筆者「Will you give me this?(くれるのか?)」

坊主のジェスチャーや雰囲気からそうだという返答があったものだと解した。

英語を話せないが海外旅行一人旅で現地人と会話したい時に旅の指さし会話帳を使うと役に立つのか - はぴらき合理化幻想

名前を書かせるのに必死

筆者が金色の小判みたいな札を受け取ると、坊主は手帳を差し出してきた。その手帳には英語で5~6行ほどの文章が書かれていた。簡単そうな文章だったが、坊主のその後の手口が気になっているためかその文章の意味を理解できなかった。

それでも英語の文章を見ていると、その坊主が勝手にページをめくって次のページに名前を書けと言ってきた。そのページには名前を書くためのフォームなどが用意されていた。

名前を書くと何かの契約が成立する手口かな。よく分からんがそういう可能性がないとは言えないので、名前を書くのを拒否した。それでもしつこく名前を書けというので筆者も名前は書けないと何度も返答した。

Amazon.co.jp| 覚悟の決め方 僧侶が伝える15の智慧

自主的に退散

そうこうしていると予想外の展開になった。なんと筆者が既に所有権を有しているはずの金色の小判みたい札を筆者の手から分捕ってそのまま立ち去ってしまったのだ。

なんという悪態。その坊主は筆者をほったらかしにして別の客の方へと向かった。

Amazon.co.jp: 引き際の美学

しかし、誰も坊主の相手をしなかった。そりゃそうだろう。ただでさえ現地人は相手にしない上に、筆者とのやり取りを既に見ているわけだからな。名前を書かせた後でお金をせびる手口のようで、そんな面倒くさそうなことに関わろうとはしないだろう。

全ての客に営業活動を終え、金色の小判みたいな札を手に持ちながら階下へと降りて行った。当然ながら誰もお金を渡す人はいなかった。

クアラルンプールの坊主

新たに来たお客さんとすれ違っても、営業活動はしなかった。

クアラルンプールの坊主2

階段を降りるクソ坊主。結局、寸借詐欺に至る前に尻尾を巻いて逃げていきおったわいm9(^Д^)僧侶としては一人前かもしれんが詐欺師としての修行はまだまだ足りぬようだ。

クアラルンプールの坊主3

Amazon.co.jp| 詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口

最強のスリ師がTED動画で手口を披露!心理の裏を突かれ、テクニックでなすがままに翻弄された - はぴらき合理化幻想

まとめ

人が機嫌よくソフトクリームを食べているときに、ゴミを渡されて悪態をつかれると腹立たしいな。手渡された金色の小判みたいな札はまったく必要ないが、一度手渡したものを分捕るという発想には参ったよ。現地人の対応と同じように素っ気なく拒否すべきだね。

と言いながらも、クソ坊主との対決はこれで終わりではなかった。次回、相手しなければいいのに性懲りもなくまた相手してしまった様子を公開する。どういう名目で寸借詐欺しているのか理由が明らかになる。

マルチ商法アムウェイの具体的な断り方で対策し勧誘させない!違法なねずみ講には騙されないで! - はぴらき合理化幻想

タイ人ニューハーフ詐欺師の手口は日本人狙い専門でクレジットカードに入金するだますこと - はぴらき合理化幻想

日本円やバーツなど「お金見せて詐欺」にタイのバンコクで遭遇、手口を公開するよ - はぴらき合理化幻想

タイの外国人不法就労の手口が巧妙、全聾と指値で価格交渉の余地を与えない - はぴらき合理化幻想

追記

続き。

宗教勧誘なしに寄付金をせびる海外のうざい手口が幼稚過ぎる、論破や撃退不要で断った - はぴらき合理化幻想

てすとてすと