読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

マレー鉄道寝台列車の座席/荷物置き場/電源/トイレ/洗面台/シャワーなどの車内設備

マレー鉄道寝台列車内の設備についてまとめた。ゲストハウスで生活できる人なら設備に関しては文句ないだろう。車両内にひと通り揃っているので、長距離バスより快適。

乗車前後の様子

マレー鉄道寝台列車に乗車前後のチェックポイントは次の記事で確認できる。

バンコクのフアランポーン駅からバタワース(ペナン)行きマレー鉄道寝台列車に乗車前後のチェックポイント - はぴらき合理化幻想

荷物置き場(収納スペース)

通路の上部に収納スペースがある。座席を寝台にした時に上段の利用客がこの棚を使うだろうから、今回は下段寝台のチケットを購入した筆者は使うのを自粛した。

マレー鉄道寝台列車の通路上部の収納スペース

座席の下にもスペースがあり、そこに荷物を置ける。筆者はここには置かなかった。2008年に乗車した時もそうだったが、今回も床を小さなゴキブリが徘徊していた。ゴキブリは本当に苦手><

マレー鉄道寝台列車の座席下部の収納スペース

何もない部屋だからゴキブリの糞に気づけてゴキブリを駆除、侵入路を物理的に塞いだ具体例 - はぴらき合理化幻想

シートにバックパックを置いた。シートの幅は80~90cmくらいあり一人で使う分には広めだからだ。筆者の荷物は30Lのバックパック1つだけ。

海外2年半の集大成!海外旅行の持ち物で小型軽量便利なおすすめリスト、機内持ち込み手荷物だけで長期滞在OK - はぴらき合理化幻想

断捨離実践の効果!服や持ち物すべてが段ボール一箱とカバン2つに収まり引越し費用0円! - はぴらき合理化幻想

Amazon.co.jp ベストセラー: 26-30Lデイパック の中で最も人気のある商品です

大きなスーツケースだと厳しいので通路に置かざるをえない。下図は他の乗客のスーツケースを撮影したもの。

マレー鉄道車両内の通路に置かれた大きなスーツケース

持ち物の多さで海外旅行初心者だと分かり、中身を見れば不要品が詰まっている - はぴらき合理化幻想

電源

シートで利用できるコンセントはない。通路に数カ所コンセントがあり、早い者勝ちで利用できる。しかし置きっぱなしで充電すると自分の目から離れることになり置引きの被害が懸念される。

タイ人や欧米人はコンセントの前で立ち話をしながら携帯電話を充電していた。自分でモバイルバッテリーなどを持参する方が余計なトラブルがなさそう。

Amazon.co.jp ベストセラー: モバイルバッテリー の中で最も人気のある商品です

まさかの電気代最安値更新!月323円、使用量12kWh、基本料金分すら使わなかったぜ - はぴらき合理化幻想

テーブル

テーブルはない。車内食をオーダーすれば食事の時だけテーブルが自分のシートに設置されるが、食事後に撤去される。

列車がわりと揺れるのでパソコン作業にはそれほど適していない。押入れデスクはもちろん、西成のドヤで自作したテーブルよりも快適性が劣る。

押入れを改造して机(パソコンデスク)→物を持たない生活でも快適! - はぴらき合理化幻想

西成ドヤ街3畳でも使いやすく省スペースなパソコンデスクの簡単な作り方 - はぴらき合理化幻想

トイレ

3号車内の前の方にトイレが2つあった。

洋式トイレ

便座はプラスチック製だが、便器は陶器ではなく金属。トイレットペーパーは備え付けられていた。

マレー鉄道寝台列車の洋式トイレ

手を洗うための水道もある。ハンドル代わりのペダルがある。下図で黄色の楕円で示した部分。踏むと水が勢いよく出てきた。

マレー鉄道寝台列車の洋式トイレにある水道

和式トイレ

和式というよりも東洋式トイレと言うべきかな。こちらは撮影のみで使っておらず。

マレー鉄道寝台列車の和式トイレ

Amazon.co.jp ベストセラー: 便座・便器 の中で最も人気のある商品です

洗面台

洗面台が2つあった。鏡もあった。蛇口からきちんと水がでた。円すい形の紙コップが備え付けられていた。

マレー鉄道寝台列車の洗面台

顔を洗えるし歯も磨ける。ただし、列車が揺れているのでしっかり踏ん張らないと倒れそうになることがあったので注意が必要だ。

マレー鉄道寝台列車の洗面台で歯を磨く

比較画像あり、自宅で簡単に安く短期間で歯の美白成功、市販の歯を白くする歯磨き粉がおすすめ! - はぴらき合理化幻想

シャワー

最初は3号車内の前の方でシャワーを見つけられなかった。

別の車両にあるのかと思い、車掌に尋ねると和式トイレを指さされた。和式トイレ内を見なおしたらシャワーを見つけた。ゲストハウスでたまにある「シャワーabove便器」という仕様。劣化版ユニットバスだね。

マレー鉄道寝台列車のシャワーはトイレと一緒

Amazon.co.jp: 部屋別狭い部屋でも広々使えるメリハリ収納術―片づけ達人たちのアイデア実例が満載!

筆者はこのシャワーを使わなかったし、他の乗客や乗員でこのシャワーを使っている人も見なかった。使う人はいるのかな。

まとめ

上述のとおり、車内設備はひと通り揃っており、列車から出なくても一晩過ごせるようになっている。列車の揺れがそれなりにあるので筆者はパソコンの使用を諦めた。紙の本などがあるとよさそう。

続き

ゴキブリと寝るマレー鉄道寝台列車でバンコクからハジャイまでの体験日記(バタワースへの途中) - はぴらき合理化幻想

てすとてすと