はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

バンコクの格安メイ・マッサージで1時間100バーツのフットマッサージがおすすめ!(追記あり)

店先には1時間120バーツ(420円)と1時間100バーツ(350円)の表記がある。軒先にいたマッサージ師に尋ねると、100バーツとのこと。試しにフットマッサージを受けるととても気持ちよかった。サバイサバーイ♪

マッサージ用のズボンに穿き替え

店に入ってからフットマッサージを受けたい旨を伝えると、施術する部屋へ連れて行かれる。

マッサージ師がマッサージしやすいように店が用意しているタイパンツに穿き替えるように言われた。穿き替えてから思ったが、筆者は半ズボンだったので別に穿き替える必要はなかった気がする。

コットン無地タイパンツ

サービス内容

筆者は100バーツ(350円)のフットマッサージを受けた。ウィンドウには120バーツ(黄色楕円)とあったが、のぼりにあった100バーツが正しかった。下図で赤色楕円で示した部分にのぼりの100バーツが写り込んでいるのを確認できる。

バンコクのメイ・マッサージの料金表

ゆったりと座れる一人がけソファに座ってフットマッサージを受けた。今回は写真を撮らなかったので、耳掃除の時の画像を参考に引用する。

タイ・バンコクのマッサージ屋で耳掃除を受ける

タイ・バンコクのマッサージ屋で耳掃除、特殊な耳かきを使って30分500円ほど - はぴらき合理化幻想

以前に紹介したトニー・タイマッサージとは違い、施術中に無駄話をしたりけたけたと笑ったりはなかった(文末に追記あり)。筆者には若い男性がつき知人には女性がついたがまじめにフットマッサージしていたし、そのマッサージ自体もとても気持ちよかった。

バンコクの格安トニー・タイマッサージは1時間100バーツ=300円台でおすすめ - はぴらき合理化幻想

フット45分、上半身15分

フットマッサージとはいえフットだけのマッサージではなかった。45分ほど経過してから座るように言われた。肩や腕などもマッサージされた。想定外のお得感があり、なかなかいいサービスだ。

売れ筋ランキング: マッサージチェア の中で最も人気のある商品です

場所

BTSアソークやMRTスクンビットから徒歩で行ける距離にある。トニー・タイマッサージよりも北の方に位置している。この通りには他にもマッサージ屋があり東側に並んでいる。通りの西側を歩いていくと他のマッサージ屋の勧誘をスルーしやすい。

バンコクの格安メイ・マッサージの地図

MAY Massage - Google Maps

凄い!Googleマップを保存しオフラインでの使い方が便利!iPhone/iPad/iPod Touch/Androidスマホに対応 - はぴらき合理化幻想

メイ・マッサージの外観は下図のとおり。(文末に追記あり)

バンコクの格安メイ・マッサージの外観

日本語のガイドブックがある図書館から近い。メイ・マッサージのビジネスカードによると、図書館の近くの120バーツのマッサージ屋は系列店だったことが判明した。筆者が行ったのは下図内で「こっち」と書いた方だ。

メイ・マッサージのビジネスカード

タイ初心者はバンコクのアソークにある図書館の日本語のガイドブックや本で勉強しよう - はぴらき合理化幻想

まとめ

メイ・マッサージは1時間100バーツと格安な上に無駄話などをせずまじめにマッサージしてくれる。トニー・タイマッサージよりもおすすめ。貧乏生活している筆者ですらチップを渡してしまったくらいだ。

追記:サービスの低品質化

残念だ。

2016年1月にメイ・マッサージに2回行った。一回目はフットマッサージ1時間、二回目はタイマッサージ2時間。1時間あたり100バーツという料金は変わっていなかった。

2014年12月に行った時から変わっていた点は次のとおり。

スタッフ

  • 1時間コースで50分、2時間コースで1時間45分しか施術されなかった。
  • タイマッサージ2時間を施術した女性店員は明らかに手を抜いたマッサージをしてきた。
  • 施術中でもよく無駄話をするようになっていた。
  • スタッフの携帯がなると施術をとめてそれを見に行かれた。

こんな接客をされるとマッサージ後にもやもやしたものが残っちまうぜ。

商品よりも「あと味」を先に売りなさい

店舗

  • 店舗が大きくなった。隣を吸収合併したようだ。
  • 増設した部分と今までにあった部分をアコーディオンカーテンで区切っており、そこをスタッフや客が行き来する度に開閉による雑音が発生してうるさかった。
  • トイレは綺麗だった。トイレ以外は暗くてよく見えなかったが、タイマッサージで横になった時に使ったマットや枕はいい香りがした。

建物や備品などのハード面はいいのに、それを扱う人というソフト面がいまいちだね。

「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!

チップをあげられない

マッサージが終わってから1Fで料金を払う。出入り口から出ようとすると、施術を担当したスタッフがそのスライドドアを開けてくれる。施術に満足していればここでチップを渡すのが慣習だが、2016年に2回行った時にはチップをあげなかった。

規定時間をきっちりこなさない上に無駄話をされれば、チップをあげようとは思えない。むしろ、短縮した分の代金を返金してほしいくらいだ。

次にメイ・マッサージに行くことはあるのかな。1時間あたり340円のサービスだし、筆者の経済状況を考えれば、その安さにひかれてまた行きそうだが、サービスの低品質化は残念この上ないな><

てすとてすと