読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

エアコン無しで暑い夏を乗り切る対策!物を持たないシンプルライフでの涼の取り方

USB扇風機サムネイル

エアコンや普通の扇風機、冷蔵庫なしでも暑い夏を乗り切れるよ。USB扇風機と濡れタオルを活用すれば、それなりに涼を取れる。室温37.5度までは何とかなったよ\(^o^)/

結論:濡れタオルを羽織って風に当たる

濡れタオルが風に当たり乾燥していく。その時の気化熱で体感的に涼しく感じられる。

羽織り方

羽織り方のイメージは下図のとおり。

濡れタオル羽織り方

魔人ブウ

分かりやすくするために大きなタオルを羽織っているが、ハンドタオルの方がいいかも。タオルに風があたり気化熱で涼しくなればいいので。

リーフツアラーは防寒もできて旅行に便利!薄く大きな速乾バスタオル - はぴらき合理化幻想

現在の室温25度なんてまだまだ涼しいもんよ。

室温25度

デジタル温度計からの1円玉サイズのアナログ超小型温度計へ買い替え - はぴらき合理化幻想

この記事公開時は6月でそこまで暑くないので普段はまだ濡れタオルを羽織っていない。真夏になれば上半身裸で濡れタオルを羽織る。

USB扇風機の配置

筆者は押入れデスク自作ノートパソコンスタンドを設置してパソコン作業をしている。6月~10月はパソコンの熱暴走対策の風がそのまま自分の体に当たるようにしている。一石二鳥。

USB扇風機でPC熱暴走対策

マウスを持つ手に汗をかくのもあり、パソコン用とマウス用で2台のUSB扇風機を使っている。

売れ筋ランキング: USB扇風機 の中で最も人気のある商品です

ジンジャーエール

気化熱で涼しく感じられる原理

なぜ涼しく感じるのか。その原理を簡単に述べる。

気化熱とは、液体が気体になる時に熱を奪っていく現象のこと。

タオルに含まれる水に風が当たることで蒸発が促進される。風がないときよりも蒸発が活発になって気化熱が多くなり、涼しく感じられる。

よって、濡れタオルなしで扇風機の風に当たるよりも、濡れタオルありの方が涼しい。

ぬらして冷感アームカバー

寒いよりも暑い方がましな人向けかな

筆者は寒いよりも暑い方がましという体質。寒いほうがましで暑いのは苦手という人には有効じゃないかも。

冬の健康対策!唇が割れる/あかぎれ/霜焼けなら越冬で南国へ引越しするのもあり - はぴらき合理化幻想

エアコンが無くても普通の扇風機くらいはある!って人はその扇風機を使ってほしい。筆者は普通の扇風機すら断捨離してしまったので、USB扇風機を使っているに過ぎない。

写真27枚、引越しで持ち物99%を断捨離!部屋のビフォーアフター実例を公開 - はぴらき合理化幻想

売れ筋ランキング: 扇風機 の中で最も人気のある商品です

赤道直下のマレーシアにいた時に、エアコンなしの室温で筆者の観測史上最高の37.5度を体験した。それでも室内でパソコン作業していた。そういう経験があるから乗り切れるだけかな。

室温37.5度

日差しが強い赤道直下の国で生活すれば、沖縄や大阪の日差しは真夏でも暑さがましに思える - はぴらき合理化幻想

その他:シンプルライフ向け暑さ対策案

濡れた服

濡れタオルを羽織る代わりに濡れた服を着る。濡れタオルよりも密着するので動きづらいが涼しい。

水風呂+ハッカ油

湯船に水を溜め、ハッカ油を10滴ほど垂らす。涼しくなりたい時にこの湯船に浸かる。ハッカ油を入れ過ぎると涼しいを通り越して寒く感じるので注意。

ハッカ油

暑さの原因を遮る

窓の外側にすだれなどを設置し、直射日光を室外で遮断する。可能であれば植物を植えて、天然のグリーンカーテンもあり。

緑のカーテン

断捨離する前の部屋では、日光を遮るシートやすだれを設置していた。

すだれと遮光シート

売れ筋ランキング: 窓用フィルム の中で最も人気のある商品です

夜や早朝の外気を取り入れる

キッチンの換気扇から一番遠い窓を少し開けて換気扇を回す。下図で黄色が換気扇で右側の開口部が少し開けた窓。かなり簡略図でごめん><

一軒家や木造建築などでは一筋縄ではいかないが、団地やマンションなどの気密性能が高い部屋なら風が勢い良く入ってくる。窓全開よりも少しだけ開ける方が風の勢いがいい。

筆者は窓にある換気口の小窓に排水口ネットで自作した網戸を設置し、この小窓を開けて換気扇を回している。

換気口の小窓に自作網戸

まとめ

心頭滅却すれば火もまた涼し、とはいかないので、エアコン無しでも工夫次第でどうにかなる実例を紹介した。熱中症に気をつけながら対策しよう(^^)

熱中症対策マニュアル

てすとてすと