はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

カバン1つで海外の格安ゲストハウスに一泊500円以下で住んで外国人と交流する放浪生活で体験する問題点まとめ

雨風をしのげる場所を提供されるだけで、快適な環境までは保障されていない。カバン1つの手荷物でゲストハウスに滞在し外国人に囲まれる生活は、日本での一人暮らし生活とはかなり違うが慣れれば同じだね。

概要:一言で言えば貧困ビジネス

滞在費が安い上に常に快適、というおいしい話はない。ゲストハウスは値段相応のサービスだ。それを分かっていて滞在するのなら、ある程度の問題点は許容可能だろう。

ゲストハウスではいろいろな問題が頻繁に発生する。ゲストハウス管理者の対処が応急処置ばかりなので、別の日にまた同じ問題が発生する。管理者はその対応で当たり前だと考えている。

一泊500円以下の宿泊料でホテル並みのサービスを受けられると勘違いしてゲストハウスを利用すると、不快な状況に耐えられなくて逃げ出したくなるかもしれない。

海外と国内のゲストハウスに累計7年いた経験から、今までに体験した問題点を列挙する。

写真39枚、2年住んだ大阪西成釜ヶ崎あいりん地区の日常、道で寝てるやつは大体友達 - はぴらき合理化幻想

海外2年半の集大成!海外旅行の持ち物で小型軽量便利なおすすめリスト、機内持ち込み手荷物だけで長期滞在OK - はぴらき合理化幻想

本気で断捨離実践なら海外で1ヶ月滞在しろ!最低限必要なものが分かる極意だぜ! - はぴらき合理化幻想

人間:スタッフや客層など

値段相応:ホテルのような対応はありえない

ゲストハウスにいるスタッフはもちろん、他の客も外国人だ。日本人の客もいるが外国人が多いことには変わりない。日本の常識と外国人の常識は異なる部分が往々にしてある。

勤務中に私用でスマホを触るのは当たり前。タイでは何かを食べながら接客されることもしばしばある。

ゲストハウスに支払っている金額や国民性の違いなどを考えれば、そういう対応をされるのは仕方ないだろう。嫌ならもっとお金を出して接客がまともなところに行くべき。

ゲストハウスに最初から多くを期待していなければ、期待外れで残念に思うことは限定的。むしろ想定外に良いことがあればラッキーだと思える。

客が増えると快適性が下がる

経営者と客は利益相反関係だ。客が増えれば経営者は儲かるが、客側には次のデメリットが生じる。

  • 人が多いと共用部分を使いづらくなる。
  • うるさくなる。酒を飲んで騒いだり楽器で騒音をまき散らすやつが出てくる確率が上がる。
  • インターネットが混雑して遅くなったりつながらなくなったりする。詳細は後述する。

盗難トラブル

共用の冷蔵庫に入れていた食品や共用シャワーに置きっぱなしのシャンプーなどはよく盗まれている。ゲストハウスにはお金に余裕がないどころか心にも余裕がない人もそれなりにいるからね。

私物を盗まれてもゲストハウスは当然ながら一切補償しない。自己責任。盗難される方が悪いという論理だ。防犯カメラを売りにしているゲストハウスでさえその録画映像の確認を面倒臭がってしないくらいだ。

泥棒のレベル分析、盗難トラブルや置引の完璧な対策はないが心理を読んで被害を極力防止する方法 - はぴらき合理化幻想

鍵を使わずにバックパック(リュック)やスーツケースの南京錠付きファスナーを強引に開ける方法 - はぴらき合理化幻想

海外旅行で盗難トラブル防止の必需品、南京錠とワイヤーロックの最大限有効な使い方で防犯対策しよう - はぴらき合理化幻想

のぞき

換気のために個室の出入口を開け、バスタオルで目隠しをしていたら、そのバスタオルをめくってまで室内を覗いてくる馬鹿者がわりといた。一人や二人じゃない。通算で10人以上はいたはず。すべて欧米人男性。めちゃくちゃ気持ち悪かったな。

仕方がないので「覗くな!」という看板をつけたら、覗かれることがなくなった。覗く気がない他の客からは変なやつがいると思われていたかもしれないが、それの優先順位は低い。

室内を覗く馬鹿者対策の警告

ドアを開けようとする

深夜でも日中でも時間を問わず、そいつの部屋じゃないのにドアを開けようとしてノブをがちゃがちゃするやつがいる。

筆者が室内に滞在中にもがちゃがちゃとされたことがある。ロックしていなかった時はドアを開けられた。そいつと目があっても、そいつは何も言わずドアを閉めるだけだ。

部屋を間違ったのか窃盗目的で部屋に侵入しようとしたのか分からないが不愉快極まりないのは言うまでもない。

Amazon.co.jp: ドアを開けると大音響! スマイルキッズ 防犯ドアアラーム

男でもセクハラされる

具体例は次のとおり。下記以外でも道端でゲイ被害に3回は遭っている。被害と言っても筆者のデリケートなところを衣類の上から触られたりする程度だが。

同性愛を否定しないし彼の積極的な行動も否定しないが、筆者をターゲットにするのはやめろ。筆者はノーマルだからその愛には応えられない。

タイでゲイに口説かれ一夜の恋愛に付き合わされかけた、かわいいニューハーフ(女装男性)でなく残念 - はぴらき合理化幻想

Amazon.co.jp: 【第2類医薬品】フェミニーナ軟膏S 30g

ドラッグ中毒

テレビやキッチンがある共同スペースが禁煙でない場合、他の人が食事中でもお構いなしで喫煙し始める迷惑なやつもいる。配慮できないのか依存症なのか分からないがとても不快だ。

ゲストハウス内に禁煙というルールがあっても、トイレでタバコを吸うやつがいる。スタッフに直接注意されてもその時だけ吸うのやめる。スタッフがいなくなればまた吸っている。中学生かよ。

タバコのみならず違法なドラッグを吸っているやつもいる。ドラッグ(葉っぱ)が入ったチャック付きポリ袋の臭いを嗅ぎながらゲストハウス内の通路を歩いているのを見たときは驚いた。

smoke freeの意味は禁煙、no smokingと同じで喫煙不可なのでタバコを吸ってはいけない - はぴらき合理化幻想

タバコの煙が嫌いな人に朗報、受動喫煙訴訟判決で5万円、マンションのベランダからの副流煙で健康被害などのまとめ - はぴらき合理化幻想

言葉の壁:余計な会話をしなくて済む

日本人向けのゲストハウスでない限り、日本語はまず通じない。日本語の単語を話せる人はたまにいるが、会話が成立する人はあまりいない。タイでは英語すら通じないこともわりとある。

筆者は英語をそれほど話せないので言語による深いコミュニケーションは困難。筆者にはこれがプラスに働いている。筆者は日本人ですら考え方が合わない人が多いのに、文化や言語が違う外国人と会話して話が合うなんて考えていない。よって、深い会話を目指しても労多くして功少なしだろう。

英語で意思疎通しても文化や考え方が違えば全く違う解釈になる具体例 - はぴらき合理化幻想

筆者は他人と他愛もない会話をするよりも自分の時間を優先したいと考えている。よって、言葉の壁が時間泥棒を防いでいるとも言えるので、ストレスどころか英語が下手なことがプラスになっている。

ストレスフリー生活は考え方と行動で勝ち取るもの、セミリタイアでも暇な時間はないので妨害するな - はぴらき合理化幻想

なお、深い会話ではなく、知っている少ない単語で短時間の交流をするのは好きだ。使う時間に対して、笑顔に接せられる割合が高いので費用対効果がすばらしい。

笑顔がまぶしい!海外旅行で現地の人と現地の言葉で交流して楽しむ方法 - はぴらき合理化幻想

英語を話せないが海外旅行一人旅で現地人と会話したい時に旅の指さし会話帳を使うと役に立つのか - はぴらき合理化幻想

客を小馬鹿にしたパソコン関連サービス

インターネット無料は使えないこともある

「24時間フリーWi-Fi」という宣伝文句があっても、回線の細さに対して客が多すぎて実質的には使えないこともある。この問題を根本的に解決しようとしないので次のようなアホらしいことを毎日やっている。

  1. 無線LAN用の機械にはインターネットに接続できる端末数に上限がある。
  2. 上限を越えてから接続しようとした客は接続できない。
  3. その客が文句を言うのでスタッフが無線LAN用の機械を再起動する。
  4. いままでインターネットを使えていた人の接続も切断される。
  5. 再起動後に使えなくなった客が出現する。上記3.に戻る。

Amazon.co.jp: 無間地獄

常にこういう状態というわけではないが、客が多いと毎日こういう状況が数回発生している。長期で滞在していると、こうなる時間帯を予測できるのでその時間帯は別の作業をして対処する。

こういう状況を知らずに来た人はかわいそうだ。24時間フリーWi-Fiと言いながら、インターネットを使えない状態がわりと発生するのだから詐欺と言っても過言ではない。

Amazon.co.jp: ごめんなさいと言ってみろ

据え置きのデスクトップPCが熱暴走

パソコンを持ち歩いていない客のためにデスクトップPCが置かれているゲストハウスもある。そのPCは常に電源を入れっぱなしのためか、たまに熱暴走が原因と思われる再起動が勝手に生じる。

a problem has been detected 熱暴走でブルー・スクリーン

客がインターネットをしていても関係なしで勝手に再起動し、それをスタッフも把握している。客から文句を言われても悪びれる様子がない。勝手に再起動したことは無視して、「今は使えるじゃないか。」と言うのみ。

日々トラブルが頻発するので、一つ一つまじめに対応していたら客からのクレームでストレス過多になってしまうので、こういう図太い神経になってしまったんだろうな。

Amazon.co.jp ベストセラー: パソコン冷却パッド の中で最も人気のある商品です

ノートパソコンスタンドを簡単自作で肩こり/猫背/腰痛/熱暴走対策に! - はぴらき合理化幻想

建物構造/インフラ/備品がメンテ不十分

騒音:防音対策が施されていない

次のページで詳しく言及している。

ゲストハウスではドミトリー(共同部屋)に限らず個室でも騒音被害にわりと遭う。建物の構造/周辺施設/利用客の三種類に騒音を大別できる。複数の騒音が頻繁に発生するならさっさと移動で新天地探しだ。

海外ゲストハウスの騒音対策、上階ベッドの喘ぎ声(揺れ)や隣人の楽器は我慢せず注意したり引越したりしよう - はぴらき合理化幻想

耳栓のおすすめな選び方は強力な遮音性能よりも長時間装着で痛くない小さいサイズ、寝る時付ければ熟睡できて効果的 - はぴらき合理化幻想

停電:ついでに水も止まる

停電時の様子は次のページで確認できる。ゲストハウスによっては、電動ポンプで水を高い位置に汲み上げていることがあり、停電になれば当然ポンプも止まる。結果、断水も同時に発生だ。

海外のゲストハウスで停電発生時に行われた対策の様子を写真で振り返る - はぴらき合理化幻想

備品:古すぎたり壊れたまま

思い出せる問題点を列挙する。慣れれば問題ないのもあるが、初心者向けということで。

  • ベッドのマットレスがヘタっており朝起きると腰が痛い。
  • トイレに紙が設置されていない。
  • シャワーからお湯がでない。
  • 窓の鍵が壊れている。
  • 窓に網戸がない、もしくはあってもサイズが合っていない。
  • そもそも窓自体がない。独房みたい。
  • ドアの室内側にチェーンがついていない。
  • 水道蛇口からボウフラが出てくる。

下図内にあるクローゼットのボロさ加減は一目瞭然だ。でも、これは扉が閉まりきらないという問題点があるものの、クローゼットとして機能するので問題ない方と言える。

長期海外旅行でカバン1つの持ち物をゲストハウス個室内に工夫して配置し快適に暮らす - はぴらき合理化幻想

虫:害虫対策は必須

詳細は次のページで確認できる。

海外のゲストハウスでは南京虫/蚊/アリ/ゴキブリ/ねずみなどの害虫が出るので対策は必要 - はぴらき合理化幻想

まとめ

すべてのゲストハウスが上述の問題をすべて持っているのではない。各ゲストハウスが少しずつ問題点を持っている。騒音が必ず発生する以上、問題が皆無のゲストハウスにあたったことがない。

対処しきれない問題があればすぐに別の環境に行けばいい。人間関係もそこで終わる。日々なんらかの問題(ストレス)があっても、ねちっこい人間関係はないので気楽なもんだよ。

気に入らなければすぐに変えられるので、海外の格安ゲストハウスという問題があるのが明らかな場所に自分から飛び込める。自分にとって問題と思えることが少ないところを見つければそこに長居する。

設備が不十分な格安ゲストハウスでも、そういうものだと割りきれば長期間滞在することは可能。期待していなければそれなりに快適に過ごせるよ。

幸せを感じられるかどうかは、とりまく状況よりも、心にそれを感じる能力があるかどうかである。

Amazon.co.jp: 自分のうけいれ方 競争社会のメンタルヘルス

完全にストレスフリーの生き方は夢物語、それならストレスをマネジメントし耐性を上げる対処法がおすすめ - はぴらき合理化幻想

まるでドラマ!海外旅行は外国人だけでなく日本人とも出逢いまくれる! - はぴらき合理化幻想

UR賃貸団地の訳あり激安事故物件に1年住んで退去後の感想(問題点/工夫した点/良かった点) - はぴらき合理化幻想

海外旅行中は薄型ウエストバッグを前側で肩掛けし防犯対策と利便性向上を図る - はぴらき合理化幻想

無職でも所得証明不要でクレジットカードを作れた、楽天カードなら海外旅行保険が無料 - はぴらき合理化幻想

てすとてすと