はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

アウトドア用品の耐久性、モンベルの丈夫な分離式ズボンでも8年目で破れたが自分で補修した

7年目までは破れる前兆にまったく気づかなかったのに、8年目に入ってから小さな傷をところどころで見かけていた。問題ないだろうと放っておいたら、その小さな穴がきっかけで大きく破れてしまった。

愛用のモンベル分離式ズボン

コンバーチブル(分離可能)タイプのズボンなら、暑ければ半ズボンにし、寒ければ長ズボンとして着用できる。

暖かい国への海外旅行の服装を分離式ズボンにすれば持ち物を減らせて便利で快適 - はぴらき合理化幻想

モンベル コンバーチブル1/2パンツ

とても気に入っていたが、次のとおり破れてしまった。

ひと目で破れが分かってしまう

下図初見だと破れている部分が分かりにくいかな。

しかし、手を入れれば破れている部分が一目瞭然。

直線で破れているので、この生地は破れやすい方向がありそうだな。そうだとしても、7年以上破れてなかったのだから十分かな。

スゴい「減価償却」

破れた時の状況を再現

ズボンを穿こうと思って足を入れた時に、すんなりと通せずにズボンの布で引っかかったが勢いそのままで破ってしまった。

他人にバレないとは微塵も思っていなかったが、一応穿いてみたらやっぱりダメだった。

私は、ありのままで大丈夫

補修の様子

長ズボンがこれ以外にないので致し方なく補修することにした。滞在しているタイで、同じような製品がどこで売られているか分からないし調べる気もないしね。

待ち針がないので洗濯バサミ代わりのクリップで代用。糸切りバサミはペナン空港の持ち物検査で没収され、その後に新しく買い直した普通のハサミを使った。

海外旅行で役立つ小型軽量で便利な洗濯グッズ、海外生活2年半の結果 - はぴらき合理化幻想

ペナン空港の手荷物検査場前で食事したら逆鱗に触れ、カバン1つなのに徹底的に調べられて断捨離を強制執行された - はぴらき合理化幻想

でけた。完璧や。

どこが破れてたんだ?もしかしたら、無意識の内に新品を買いに行ったのかもしれん。誰もがそう思うほどの完成度や。

破れていた場所がまったく分からない読者のために、破線で補助線を入れたよ。黄色の破線が破れていた部分。緑の波線は、また引っかかっても破れにくくするために強化した部分。

これで、以前に所有していたジーンズのような状況には至らないはず。

早い目に修復しないとどんどん破れていく。下図は破れを放置していた時の悪い見本。(筆者のセクシーショットを見られるのは当ブログだけの特典)

股ずれで破れたジーンズを穿く2

海外2年半の集大成!海外旅行の持ち物で小型軽量便利なおすすめリスト、機内持ち込み手荷物だけで長期滞在OK - はぴらき合理化幻想

男の年収は「見た目」で決まる

まとめ

丈夫なアウトドア製品でも8年も酷使するとさすがに小さな破れが生じてきた。そこに力がかかるとダムが決壊するように、一気に破れてしまった。今回は補修で乗り切るが、今後もさらに破れてくるなら新品導入だな。

てすとてすと