はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

バケツ稲作りでお米作りに挑戦し農業体験を通じて食べ物のありがたみを感じたい

JAグループが主催する「バケツ稲作り」に申し込んだ。これで米作りをマスターすれば、将来は無人島で自給自足の晴耕雨読生活も夢じゃない!?

概要

JAグループから種もみ、肥料、栽培マニュアルを無料で送付してもらい、およそ半年かけて稲づくりをバケツで体験するという企画。

小さく始めて農業で利益を出し続ける7つのルール ― 家族農業を安定経営に変えたベンチャー百姓に学ぶ

申し込みなどの詳細

次のサイトで詳細を確認できる。

あなたもぜひバケツ稲づくりに挑戦して、稲の成長、そして収穫の喜びを体験してみませんか?

先着で1万名にバケツ稲づくりセット(2セット)を送料無料でお送りします。

お米づくりに挑戦|JAグループ(JAきずな)

1万名募集しているが、わりと人気がありすぐに定員に達して締め切られるようだ。

申し込みの動機

筆者の住環境でも育てられそうだと思ったから。ベランダがあるし、六畳の部屋がまるまる空いているので、屋外・室内かかわらずバケツ稲を設置できる。

何もない六畳の部屋

写真27枚、引越しで持ち物99%を断捨離!部屋のビフォーアフター実例を公開 - はぴらき合理化幻想

育て始めたら、思うように育たないとか、ボウフラが発生したとか、鳥に食べられたとかいろいろなイベントが発生するんだろうな。わくわく。素人ながらに創意工夫で対抗し、無事に米を育て上げたい。

米を狙いに来た鳥を返り討ちにする武器も必要かもな。

売れ筋ランキング: 害獣対策器・装置 の中で最も人気のある商品です

バケツ稲づくりでの収獲量はバケツ1個(1株分)で、ごはんぢゃわんの1/3ほどの量

脱穀(だっこく)、もみすり、精米(せいまい)の方法|JAグループ(JAきずな)

労多くして功少なしに見えるが、栽培して米をじゃんじゃか生産することが目的ではなく、生産するのを体験するのが目的だから生産量は気にしないでおこう。とはいえ、10月ごろにバケツ3つは生き残っているようにしたい。

売れ筋ランキング: 白米・無洗米・玄米 の中で最も人気のある商品です

まとめ

自分で生産の難しさを体験すれば、どんな米でもありがたく食べられるようになるはず。

スーパー玉出で売られている米「和一膳」は米粒が砕けていて洗米に苦労した - はぴらき合理化幻想

今後、当ブログでバケツ稲体験の進捗状況を報告する予定。

てすとてすと