読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

稲作初心者がバケツ稲を枯らさずに育て上げ、収穫した稲穂を玄米に脱穀して食べられたまとめ

バケツ稲づくりをやろうと決めてJAにバケツ稲づくりセットを送ってもらった。そのセットを実際に使うかどうかを決断するときが最もストレスが多かった。バケツや土を買った後は、良くも悪くも惰性で稲づくりを続けられた。基本的に放っておいても勝手に稲が育つしね。

概要

2014年4月から9月までの半年間で、稲の芽出しから採れた玄米を完食するまでの一連の農業体験をした。過去ページを引用しながら振り返り、このバケツ稲づくりに関する言及の締めとする。

所感:やってよかったバケツ稲づくり

自分の意志で決めたのがよかった

他人に言われたのではなく自分でやると決めて実行したから最後までやりとげられたんだろうな。他人にやれと言われてやらされてたら途中でやめてたかもしれない。いや、そもそもやってないな。

自分で土やバケツを用意し、ボウフラが発生した問題にも頭を捻って対処し、妖精さんごっこをしたり、稲刈りでカマをかりたり、脱穀や炊飯をして完食できた。すべて自分の選択。

特に、バケツと土を自分で購入することで、バケツ稲づくりをやろうという気持ちが強くなったね。これが筆者にとっての通過儀礼になるとは思ってもいなかった。

Amazon.co.jp: 誰も書かなかった 武豊 決断

タイミングがよかった

JAからバケツ稲づくりセットが届き、それを使って稲を育てるのを決断するときが一番ストレスが多かった。やり始めると荷物が増えるし、収穫までは家を引き払って海外に行きにくくなるしね。

それでも日本で不動産を借りてしばらくいるわけだし、栽培スペースもあるなどの条件も整っていた。それなら今やらないと次はいつチャンスがあるか分からないと思い稲づくりをした。

冬の健康対策!シンプルライフやミニマリストなら南国へ引越しするのもあり - はぴらき合理化幻想

未経験を楽しめてよかった

やってみたら、未経験なことばかりを経験できてなかなか楽しかった。田んぼで米を大量に生産するのとはわけが違うだろうけど、稲づくりを体験できたのは事実。

将来、無人島か山かどこかで晴耕雨読の生活をする時があれば、自分で稲作するという選択肢はありだと確信したよ。この経験はプライスレスだね。

Amazon.co.jp: プライスレス 必ず得する行動経済学の法則

ゲーム感覚で続けられてよかった

最初から予想できたこととまったく予想しなかったことが発生したりで、シミュレーションゲームを楽しんだ感じだね。台風被害やスズメ被害のイベントがなかったのでイージーモードだったな。

マニュアルにある次の点を気にせず攻略できたのはラッキーとしかいいようがない。しかし、実際の稲作をする予行演習として考えると、こういうイベントは発生すべきだったよね。

バケツ稲づくりマニュアル、上手につくるポイント

Amazon.co.jp: ゲーム感覚で学ぼうコミュニケーションスキル (指導者ハンドブック)

やってよかった!

このバケツ稲づくりの経験は今後の人生に少なからず影響しそうだ。筆者は派手な生活ではなく慎ましやかな生活を好むので、食料を自給自足できれば生活する場所の範囲が広がる。

近い将来、農地を開墾して自給自足の生活をすることになるのかな。いまのところまだそんな気はないが、どんな人生を歩むのか筆者自身も予測不可能だし、超たのしみだぜ!

Amazon.co.jp: ぼくはお金を使わずに生きることにした

次項では今までのバケツ稲づくりを振り返るよ。

バケツ稲づくりダイジェスト

バケツ稲づくりセットを申し込む(4月)

ここからすべてが始まった。

JAグループから種もみ、肥料、栽培マニュアルを無料で送付してもらい、およそ半年かけて稲づくりをバケツで体験するという企画。

バケツ稲作りでお米作りに挑戦し農業体験を通じて食べ物のありがたみを感じたい - はぴらき合理化幻想

バケツ稲づくり用グッズがドカっと届くのかと思っていたが、薄い封筒が一通来た。

バケツ稲づくりマニュアル

バケツ稲づくりの種もみ・肥料セットがすぐに届いた - はぴらき合理化幻想

種もみを浸す(4月)

最初から土に植えず、まずは水に浸すことが最初の工程だった。

プラスチック製容器に種もみを入れて水で浸した。

バケツ稲づくり種もみを水で浸す

バケツ稲づくり、種もみの芽出しを楽しみに待つ - はぴらき合理化幻想

土の準備(4月)

バケツ稲づくりをやるとまだ決心していなかった。ホームセンターに土を見に行ったりして、少しずつモチベーションを上げていく。

種もみがきちんと発芽するまではバケツも土も買わない。見てるだけ~。

バケツ稲づくりの土を準備するためにホームセンターに行った - はぴらき合理化幻想

スコップを自作した。この自作スコップのお陰でスコップを買わなくて済んだ。

しょせんはペットボトル。安全に十分注意しながら適当にカットすればOK。失敗しても別のペットボトルをカットすればいいので気楽にやってみよう。

ペットボトルのリサイクルでガーデニング用スコップの簡単な作り方 - はぴらき合理化幻想

知人と自転車でホームセンターに行き、それぞれのカゴに土を積んで帰ってきた。

バケツ稲づくり、芽出しした後に土を購入し乾かし始めた - はぴらき合理化幻想

芽出し(4月)

芽出しした種もみはいつみてもキモいな。土を量りなしで適量に分けられた筆者の頭脳プレーはいつみても鮮やかだな。

種もみから芽が出てからは早かった。こんなにも成長するものかと。米粒1つから2つの芽がでてきた。虫の触覚みたいでマジ勘弁。

バケツ稲づくり芽出し過ぎ

バケツ稲づくり、芽出しが成長し過ぎたので、急いで量りなしで土を適量に分けた - はぴらき合理化幻想

土の割合はマニュアルに記載されているが、水をどの程度入れるべきか不明。水を加えたら流出しよったがな。こんなことで大丈夫か!?

バケツ稲づくり、3種類の土と水をブレンドしてガーデニング土作り - はぴらき合理化幻想

種まき(4月)

楽しみながら作業してたら文字どおり日が暮れてきた。

ブレンドした土をバケツに入れ南斗聖拳の処刑を施し種まきで葬ってやったわ - はぴらき合理化幻想

芽が出てきてから苗の移し替えをするまでの成長の様子を写真で紹介。

最初は種もみだったのに、どんどん成長しよるんですわ。いやー、生命の神秘よのぉ~。

2014年5月1日のバケツ稲づくり成長具合、苗をクローズアップ

バケツ稲づくり、泥から芽出しした苗がぐんぐん成長していく様子の観察日記 - はぴらき合理化幻想

苗の移しかえ(5月)

成長している苗と枯れつつある苗に二分化されてきている。これは精鋭を選抜するいい機会だと判断し、葉っぱの枚数などは関係なく苗の移し替えを決行した。

バケツ3兄弟が無事に波平カットになった\(^o^)/

バケツ稲づくり波平カット

バケツ稲づくり、苗の移し替えで根がぶちぶち切れたがドーピングで何とかなるはず - はぴらき合理化幻想

ボウフラ対策で苦慮した(5月~8月)

ボウフラ対策でいろいろ苦労したが、結局は水を干上がらせてボウフラに勝手に死んでもらうという作戦で帰結した。これはバケツ稲だから可能な技で、実際に稲作をすればそう簡単にはいかないだろう。

そもそも水田でボウフラや蚊が発生しまくっても対処する必要はないよな。バケツ稲はベランダに設置しているので、そこで発生した蚊が室内に入ってくるのを減らすために対処したのだ。

夏にベランダに置いたバケツに水が溜まっていればボウフラ発生は必至。ボウフラ対策を検討し、いろいろ工夫した顛末について述べる。骨折り損のくたびれ儲けだが、初めての経験なのでなかなか楽しい。

バケツ稲作りでボウフラが発生して駆除を工夫したが中干しが一番の対策だった - はぴらき合理化幻想

妖精さん登場!(7月)

あなたが育てているバケツは金のバケツですか?銀のバケツですか?いいえ、私のバケツはダイソーのバケツです。よろしい、では私の生脚を見せてあげましょう!

2014年夏、はぴらきという小作農がURの事故物件にいたそうな。そのはぴらきがベランダで稲を育てていたら、稲が成長した頃にどういう訳かめんこい妖精さんが降臨したそうな。

タマネギ先生もびっくりの成長具合。誰だ、波平カットとか言ってた奴は。

バケツで作ってる稲が超成長、初音ミク色でティンカーベル風の妖精が降臨した - はぴらき合理化幻想

稲穂の成長(7月~9月)

ボウフラが発生したぐらいで、稲の成長は至って順調だった。

2014年7月末に稲穂が実りはじめ、9月上旬にはほとんどの稲穂が黄金色に輝きだした。その間の写真を用いて成長具合を振り返る。害虫やスズメによる被害は観測していない。台風はなんとか乗り切った。

ベランダのバケツで稲を栽培したら順調に成長し、実るほど頭を垂れる稲穂かな - はぴらき合理化幻想

せっかくなんで台風時の未公開画像を置いておこう。こんな光景を見せつけられたらバケツを端っこに寄せざるをえない。室内には入れられなかった。ボウフラも一緒に入ることになるしね。ゴメンな、稲。

バケツ稲づくり、台風で防虫ネットが飛ばされそうになる

バケツ稲づくり、台風でバケツを避難させる

バケツ稲づくりをやってる目的を再確認(9月)

筆者が趣味で行っているバケツ稲づくりについて質問いただいた。そのように思われているのを知れてありがたいです(^^)

自給自足生活の体験で稲をベランダで作るのは家庭菜園できる賃貸物件に住んでいたから - はぴらき合理化幻想

稲刈り(9月)

何のトラブルもなく稲刈りできた。

種もみの芽出しから5ヶ月。害虫の被害に遭わずにすくすくと稲が育った。農薬を一切使わなかったにもかかわらずだ。ついに稲刈りの時が来た。知人からカマを借り、稲刈り体験も無事にできた。

シンプルライフだけどベランダのバケツで稲が育ったので稲刈りと稲干しをした - はぴらき合理化幻想

稲刈り後にさらに稲刈りした。

稲を干していたが干している稲の大部分が不要だったので、必要な部分のみをさらに稲刈りした。稲を刈ったあとの切り口から新たな芽吹きがあったので、最善の方法で対処することにした。

バケツで育てた稲を干していたが、かさばるので穂先をさらに稲刈りした - はぴらき合理化幻想

脱穀ともみすり(9月)

バケツ稲づくりという超小規模農業だったから成せた技。実際に自分で稲作したら専用の機械を使わざるを得ないだろうな。

シンプルライフの我が家の設備では自力での脱穀作業は無理だと判断し、知人宅の日用品をかしてもらうことにした。

ザルと軟球でもみすりして玄米にする

バケツで作った稲を手作業で脱穀して玄米にできた!粉塵やゴミは出るが手順が簡単な方法 - はぴらき合理化幻想

自作玄米を完食!

自作玄米の量が少なすぎた。もし次にバケツ稲づくりをするのなら、バケツ10こで稲作し、茶碗一杯分くらいは作りたい。0.3合なんて普通は炊けないよな。

ベランダのバケツで無農薬で作った玄米を自分で炊いた。炊きあがると茶碗半分から3分の1程度のご飯になった。マニュアルどおりだった。大した問題が発生せずに無事に完食できてよかったよ。

自作玄米をフライパンで炊飯した2

バケツ稲づくりで収穫した少ない自作玄米をIHの火力手動調整で炊飯して完食したよ - はぴらき合理化幻想

稲作終了後に別の妖精さん登場!

稲たちはもういなかったが、どういうわけかまた妖精さんが現れた。ちなみに姫姉様という妖精さんのスリーサイズはB83、W62、H90らしい。

女性ミニマリストの姫姉様とミニマリストを目指す院生さんが部屋に遊びに来た - はぴらき合理化幻想

3人目の妖精さん登場!!

この項目は2014年10月21日に追記部分。

出会い系さくらで貯蓄1000万円の女性が何もない部屋に食料を持って遊びにきた - はぴらき合理化幻想

まとめ

冒頭で述べたとおり、やってよかったよ。でも、ブログで記事にして公開したのはちょっと後悔。画像編集などの手間がバケツ稲づくりの手間よりもかかっている気がする。その割にアクセスが期待できないし。

正直なところ、イベントごとの記事作成をやめて最後にダイジェストで公開しようかと何度思ったことか。どこかの記事でそんなことを記載してしまったがそれは内緒な( ´艸`)

でもそれなりの頻度でバケツ稲づくりの記事を作って合計19ページ作成できた。多くの方にコメントいただけたから続けられた。みなさんのコメントうれしかった(^_^)どうもありがとうございました。

Amazon.co.jp: 「感謝の習慣」で人生はすべてうまくいく!

来年も期待してるって?いや、それは勘弁:;(∩´﹏`∩);:次はあなたがバケツ稲づくりをしてみてほしい。筆者がバケツ稲づくり成功者としてあなたのブログにアドバイスしにいくよ!

Amazon.co.jp: 応援力 感謝の連鎖を巻き起こすたった一つの成功法

あ、それとバケツ稲づくりをすると妖精さんに2回3回会えるのでまじおすすめ。みんなも妖精さんと出会ってくれよな!!!

バケツ稲づくり、完。

ご飯パックと炊飯器どっちが得か?米1合炊くと何g?米10kgは何合? - はぴらき合理化幻想

てすとてすと