はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

バケツ稲づくり、芽出しした後に土を購入し乾かし始めた

芽出しに成功したので、ホームセンターで土を購入した。土をブレンドする前に基本の土を乾燥させた。

芽出し (4/16~21)

4/16に種もみを水に浸した。次のページ参照。

バケツ稲づくり、種もみの芽出しを楽しみに待つ - はぴらき合理化幻想

4/17 変化を視認できず。

バケツ稲づくり芽出し待ち

4/21 ついに芽出しした。この間、マニュアル通り毎日水を替えていた。

バケツ稲づくり芽出し成功

マニュアルによると、1mm芽出しすると種まきできるようだが、土の準備が全くできていない。急がねば。

バケツ稲づくりマニュアル芽出し

土の準備 (4/22)

知人と自転車でホームセンターに行き、それぞれのカゴに土を積んで帰ってきた。

本邦初公開、これが我が家のスモールファーム予定地。

我が家のスモールファーム予定地

薄い銀マットの上に土を乗せることにした。もう暖かいので押入れデスクを銀マットでコタツ化することもない。そもそも寝袋を着てからというもの、コタツ化してなかったが。

押入れを改造して机(パソコンデスク)→物を持たない生活でも快適! - はぴらき合理化幻想

シンプルライフなら暖房はセラミックファンヒーター!ドライヤーにもなるよ - はぴらき合理化幻想

一石三鳥!室内で寝袋(シュラフ)を一物三役すれば収納不要で暖房いらず - はぴらき合理化幻想

バケツ稲づくりの土の下に銀マット

とりあえず、購入した土を3種類置いた。

バケツ稲づくり土3種類

今回使うのはこれ、基本の土。黒土のこと。それにしてもこの男、ノリノリである。

バケツ稲づくり基本の土

開封の儀。

基本の土の中身。

アップでどうぞ。

さぁ、ぶちまけるよ。

銀マットの外にこぼれないように慎重に作業に勤しむ筆者。

ぶちまけ完了。

どや、基本の土や。

続きまして~、赤玉土~。

土全体で30Lの予定。基本の土が6、赤玉土が3、鹿沼土が1の割合。基本の土を20Lすべて使うので、赤玉土は10L必要。しかし、購入量は14L。量りはない。まさかの算数問題。

バケツ稲づくりマニュアル

えっと~、ここらへんが真ん中やから~、7Lとして~、えっと、えっと・・・。やばい、アホがばれてまう。いや、それはすでにバレているぞ、筆者よ。

そ、そ、そ、そういや、基本の土を乾燥させねば。ブレンドはそれからや。

銀マットに収まる程度に基本の土を広げて乾燥させることにした。自作スコップが活躍。

ペットボトルのリサイクルでガーデニング用スコップの簡単な作り方 - はぴらき合理化幻想

赤玉土の計算は一瞬で出来たけど、今回は乾燥が先や。俺の頭脳プレイが炸裂するのは次回や。乞うご期待!

てすとてすと