読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

海外旅行で服を毎日手洗い洗濯するなら何着がおすすめ?使い古して捨てるのと死蔵しない枚数を検討

海外旅行やノマド生活 シンプルライフ ライフハック 小型軽量化 持ち物 海外旅行の持ち物 洗濯

毎日洗濯すれば枚数が少ないのですぐに洗濯が終わる。暖かい国なら干せばすぐに乾く。おしゃれにこだわりがないのなら、必要最低枚数を持ち運べば事足りる。ただしボロくなるのが早い。

概要

3ヶ月未満の短期海外旅行と3ヶ月以上の長期海外旅行を分けて、持っていく衣類の枚数について検討する。今回の長期海外旅行で新たに気づいた点だよ。

前提

  • 衣類のおしゃれにこだわりはない
  • 衣類の機能にはこだわりがあるので現地で衣類を極力購入しない
  • 毎日洗濯する

洗濯機処分後、折りたたみバケツ手洗いとコインランドリーの使い分け生活 - はぴらき合理化幻想

海外旅行で役立つ小型軽量で便利な洗濯グッズ、海外生活2年半の結果 - はぴらき合理化幻想

洗濯上手こつのコツ

3ヶ月未満の短期海外旅行なら2セット

暖かい国なら、洗った衣類は次の日には乾いている。よって今着ている衣類の他にもう1セットあれば事足りる。干していた衣類を着れば畳む手間を省ける。収納スペースも不要だ。

無駄のない衣類着用洗濯サイクル

毎日洗濯すれば毎回の洗濯物の量が少なくなるので干すスペースをそれほど必要としない。扇風機の風が当たる範囲だけに干すことも可能。

室内レイアウトの関係で理想的な干し方ができなくても、風さえ当たっていれば普通に干すよりも早く乾く。

写真21枚、海外旅行時や雨の日の手洗い洗濯物を室内で早く乾かす方法 - はぴらき合理化幻想

リュック1つの一人旅でドミトリー(共同部屋)に泊まる時の荷物や貴重品の管理方法実例 - はぴらき合理化幻想

シンプルライフをめざす整理 収納 インテリア

3ヶ月以上の長期海外旅行なら4セット

一軍と二軍に分ける

3セットではなく4セット。4セットの内の2セット(一軍)で着回し、その2セットがボロくなれば死蔵していた2セット(二軍)を着回すという作戦。3セットだと一軍と二軍に分けられない。

一軍がボロくなれば捨てて二軍だけで着回す

ボロくなった衣類を捨てれば2セットだけで着回すことになる。海外旅行の前半では衣類に死蔵が発生したが、後半では死蔵がなくなる。

断捨離で洋服を減らす!使い古した衣類を旅行先で捨てると帰りの持ち物を減らせて一石二鳥! - はぴらき合理化幻想

ちなみに、手洗い洗濯によってかなり伸びてしまい、同じサイズの衣類とは思えなくなる時がある。

洗濯機なしの手洗い4ヶ月で伸びた衣類と新品の比較写真、絞らずに握る脱水に変更するよ - はぴらき合理化幻想

現地購入に消極的な理由

死蔵させるくらいなら現地購入すれば良さそうだが、衣類の機能に関する点で自分の望む衣類を購入できるとは限らない。よって、長期海外旅行なら死蔵するのを分かっていながら4セット持っていくと良い。

現地購入していた時に次のような問題が生じた。

  • 手洗い洗濯するとすぐに伸びた
  • 日本で売られている衣類よりもコストパフォーマンスが悪い
  • 日本で売られているような安くて薄くてすぐに乾く衣類を見つけられなかった

最近は、筆者は日本が寒い冬の間だけ海外にいるので、6ヶ月以上の長期海外旅行は考慮していない。6ヶ月以上でも衣類は4セットまでにして、それ以降は仕方なく現地購入するかもな。さすがに6セットは多い。

冬の健康対策!唇が割れる/あかぎれ/霜焼けなら越冬で南国へ引越しするのもあり - はぴらき合理化幻想

ニッポンの魅力 ― 日本製品は世界一

持っていく衣類を選ぶ基準

  • 薄くて乾きやすい。
  • 黒い衣類は汚れが目立ちにくい。手洗い洗濯が適当でもOKだ。
  • 同じ種類の衣類を持って行くと毎日同じ服を着ている印象になるが気にしない。着替えの時に衣類の違いを認識しなくてよく、衣類以外のことに意識を向けられる。
  • 毎日同じ種類の衣類だと24時間以上風呂に入っていなくてもばれにくい。ただし臭くなるとこの限りではない。

脇汗多汗症でも臭い全くなし!直塗りデオドラントのデオナチュレがおすすめレビュー - はぴらき合理化幻想

ポリエステル製衣服で脇汗の臭いを消す対策方法、モンベルのジオラインL.W.Tシャツで - はぴらき合理化幻想

暖かい国への海外旅行の服装を分離式ズボンにすれば持ち物を減らせて便利で快適 - はぴらき合理化幻想

5本指ソックスの大きいサイズを通販で買ったら防臭/耐久性/履きやすさが完璧だったのでおすすめ! - はぴらき合理化幻想

3ヶ月で長期と短期に分けている理由

次の2つを根拠にしている。

ノービザ滞在期間

筆者の知る限りノービザで海外の1カ国にいれる最長期間は90日だ。東南アジア周辺ではマレーシア・香港・マカオ・台湾などが90日、他の国はもっと短い。

適当勘弁!パスポート査証欄の入国/出国スタンプを押す場所を指定する方法 - はぴらき合理化幻想

海外旅行保険

クレジットカードに無料で付帯する海外旅行保険の有効期間が90日だ。無料付帯の海外旅行保険では「90日を超えると旅行ではない」という考え方なんだろうな。

無職でも所得証明不要でクレジットカードを作れた、楽天カードなら海外旅行保険が無料 - はぴらき合理化幻想

長期海外旅行中にクレジットカード番号を発行元都合で強制的に変更されると致命傷になりかねない - はぴらき合理化幻想

90日が区切りと考えられる

上記2例を挙げたとおり、90日以内が旅行と考えられ、それを超えると旅行の概念から外れるようだ。これを参考にし、3ヶ月未満を短期海外旅行、3ヶ月以上を長期海外旅行と定義した。

まとめ

海外旅行では持ち物をできるだけ少なくする方が移動が楽だ。おしゃれにこだわりがないのなら衣類は必要最低限の枚数に抑えたいところ。

以前はローテーションについて熟考していなかったので3セットが理想と思っていた。今回の長期海外旅行で新たな気付きがあった。これからも合理化を追究していく。

てすとてすと