はぴらき合理化幻想

海外3年/西成ドヤ2年/沖縄2年/事故物件で寝袋3年目、ミニマリスト10年目でダンボール2箱の持ち物と保存食で大阪に定住中。

Facebook「アカウントが一時的にロックされています」でパソコンやスマホでログインできない時の対処方法

Facebookにログインできなかった。IDとパスワードは合っている。それでも本人確認のためにショートメッセージで送信した確認コードを入力してほしいとのこと。解約済みの番号に送られても確認できない。それでも何とかなったよ。

概要

Facebookにログインする時はパソコンのChromeを使っていた。久しぶりにログインすべく同じパソコンでFirefoxを使ったらロックされた。解除には、登録電話番号に送信したショートメッセージにある確認コードを入力せよとのこと。しかしその電話番号は既に使っていない。

ダメ元でChromeでもログインしようとしたら、確認コードの入力以外にも選択肢があり、それでようやくロックを解除できた。その時の経緯を時系列順に振り返る。

異なる環境でログインするとロックされる

なんという仕様だ。利便性が悪すぎる。以前にログインしたのと同じパソコンからのログインなのに、ブラウザが違うだけでロックするとはやり過ぎだろ。

アカウントが一時的にロックされています

このデバイスからのログインは初めてのようです。アカウントのセキュリティを確保するため、セキュリティに関する質問に回答してください。

Facebookアカウントが一時的にロックされています

セキュリティに関する質問とは、登録した電話番号にショートメッセージを送信し、そこに書かれている確認コードを入力させるというものだった。これ以外の選択肢はなかった。

確認コードが +66 (伏せ字)に送信されましたとあるとおり、Facebookアカウントはタイ王国にいた時に作成したものだ。筆者は現在日本にいる。ショートメッセージを受け取りようがない。

タイでdtacのプリペイドSIMカードをSIMフリー携帯電話に挿して格安データ通信する時の設定方法(初心者向け) - はぴらき合理化幻想

確認のメールが来ていた

後から気づいたが、ロックされた日時に登録メールアドレス宛にメールが送信されていた。これに確認コードを載せればいいじゃねーか。

Amazon.co.jp: できる限り不親切に!

フィードバックから問い合わせた

  • ロック解除には、登録電話番号をまず変更せねば。
  • しかしそれを変更するにはログインが必要。
  • まてよ、そもそも日本では電話番号がない><

解約後、携帯電話を持たない生活10年でストレスフリーに、医者の診断書も公開 - はぴらき合理化幻想

こちらではどうしようもできないのでヘルプセンターに連絡することにした。しかし、Facebookへの問い合わせ先を見つけられなかった。致し方なくヘルプセンターにある次のページ内のフィードバック送信欄から状況を伝えた。

上記ページを一見しただけではフィードバック欄が表示されていない。下図で黄色の丸で示した「いいえ」をクリックしてフィードバック欄を表示できる。

Facebookにログインしようとすると、アカウントが一時的に停止されていることを示すメッセージが表示されます。

状況を端的に記載してメッセージを送信した。しかし5日経過しても返答はなかった。助ける気がないヘルプセンターとはこれいかに。顔写真がないのにフェイスブックというが如し。

Amazon.co.jp: フェイスブックが危ない

Chromeでログインしたら選択肢が増えた

一時的なロックの解除は放置でいいやと思っていたが、事件発生から5日後、Chromeでログインを試した。

Chromeで試した理由は、TwitterのつぶやきをFacebookに自動投稿する設定が機能していなかったのに気付いたからだ。

TwitterのつぶやきをFacebookに自動投稿する連携設定方法を初心者向けに図解 - はぴらき合理化幻想

Twitterの管理画面を確認するとFacebookのログイン画面がiframeで表示されていた。ログインできないだろうなと思いつつも試してみると、下図のとおり「生年月日を入力」という選択肢が増えていた。

生年月日を入力した。

Amazon.co.jp: 若者のホンネ 平成生まれは何を考えているのか

ログインできたがいろいろ不快

不審なログイン試行という表示に切り替わり、その方法・場所・日時が記載されていた。方法と日時は合っているが、場所は大阪からなのでその部分がおかしい。うどん食べたくなってきた(๑´ڡ`๑)

  • Windows8用Firefox
  • 香川県小豆群付近
  • 5月4日 20:03

Amazon.co.jp: るるぶ香川 高松 琴平 直島 小豆島'16

返答方法は全肯定か全否定しか選べない。部分否定できない。これも不本意ながら、私ですをクリックするとログインできた。

ログイン後、お知らせに数秒前の出来事として次のように書かれていた。ログインを試みてブロックされたのが筆者以外であったのなら、このお知らせでそれを気づけるということか。

Facebook機能の一部へのアクセスがブロックされました。

なお、ロックされていたFacebookのページは次のとおり。

ブログを毎日更新しその通知がTwitterには投稿されているが、Facebookでは5/5~5/8は投稿されていない。

所感

そもそもブラウザを変えただけでロックするなよな。

登録メールアドレスに送信された内容が不十分だろ。確認コードもしくは「普段ログインしている場所からログインしてロックを解除してください。」くらい書いておけよな。

最初から限定的にしかFacebookを利用するつもりがなかったが、今回の一件で一層そう思ったよ。こんなことに時間を取られるなんてアホらしいわ。

Amazon.co.jp: 1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方

まとめ

普段Chromeでログインしていて、異なる環境でのログインで一時的なロックをされた場合はその環境(ブラウザ)で再度ログインを試すのではなく、普段の環境(Chrome)でログインを試すと本人確認の選択肢が増えた。一時的なロックをされた人は参考にしてほしい。

Twitter/FacebookなどSNSを使ってもストレスや時間の浪費とは無縁、ブログ更新通知の自動投稿だけ使うから - はぴらき合理化幻想

はてなブログをFacebookに連携し自動投稿する一番簡単な設定方法はTwitter経由、HootSuiteやIFTTTは不要 - はぴらき合理化幻想

スペシャルサンクス:素材提供

てすとてすと