はぴらき合理化幻想に全ページ移転しました。

冬服は長袖3枚重ね着で洗い替えがないのに2枚に減らさざるをえない(。>﹏<。)

長袖が3枚しかない。冬服と夏服を問わないし、インナーとアウターも問わない。綿の長袖、フリース長袖、ウィンドブレーカーの3枚しかない。それにもかかわらず、自分の意志に反して減らさざるをえなくなってきた。

毛玉取り機がないのでT字カミソリで手袋の毛玉を取る

毛玉取り機を譲渡してからは、手袋の毛玉をT字カミソリで取っている。毛玉取り機よりも取りにくいし時間もかかるが、毛玉を手でひとつひとつ取るよりもましだ。慣れないと生地を切ってしまうので注意が必要だね。

紙製と木製の家庭ゴミを完全燃焼で燃やすと灰が残るが体積が減っている

可燃ゴミの中で、紙製品と使用済み割り箸などの木製品を焼却している。燃やすことでゴミが熱・煙・煤(すす)・灰の4つに変わる。ゴミの実体がもっとも残るのが灰だ。このページでは10日間でどれだけの量の灰が溜まるのかを画像で紹介する。

暖房器具がないので室内でゴミとダンボールを燃やして暖を取る

科学文明が生み出した暖房器具がなくとも、古代から伝わる方法により暖を取れる。ものを燃やせば炎が熱を発する。ゴミを燃料として活用すれば、ゴミ削減と光熱費節約で一石二鳥だ。いや、暖も取れるので一石三鳥!

富士山登山で深夜に山小屋の売店で食べ物を買う予定だったが営業時間外で閉店していた

過去に富士山登山を4回したときは山小屋で食べ物を買うことはなかった。自分で持ち運んで食べていた。今回の5回目は持ち物を軽くすべく食べ物を最少にし、山小屋の売店で買う予定だった。しかし、売店は営業時間外だった(。>﹏<。)

風力/太陽光自家発電機を低コストかつ省スペースで賃貸マンションに設置を検討したまとめ

電力を自家発電だけで賄う方法をまじめに検討した。庭はない。ベランダもない。屋上はあるが勝手な工作はできない。窓はある。消費電力は少ない。自作は避けたい。市販されている低価格のものだけでなんとかしたい。こんな状況だが何とかなりそうだ。

災害や非常時に便利な「温めずにおいしく食べられるカレー」のレビュー

普通のレトルトカレーは温める手間があるが、この「温めずにおいしく食べられるカレー」はその名のとおり温めなくてもおいしく食べられる。普通のレトルトカレーとどのように違うのか気付いた点をレビューする。

重曹でステンレス製鍋の焦げ付きを落とす実例

鍋の焦げを重曹で落とした。すべてが落ちて新品のようになるわけではないが、8~9割ほど落とせた。重曹と水を入れる段階から最終的に鍋の焦げがどの程度落ちるのかの実例を写真で公開するよ。

ベルトの端が垂れない方法、クリップで垂れるのを防止する

細い人が柔らかいベルトを巻くと端っこが垂れる。ズボンを穿く度に、余っている部分をベルトループに通すのは面倒だ。ベルトの端っこが垂れなければその手間がない。垂れるのを防止する方法を2パターン紹介する。

レジで小銭の支払いが遅い人は財布内の硬貨を工夫して並べるとすぐに出せるよ

レジでは素早く小銭を出したい。もたもたしていると後ろに並んでいる人たち全員の時間を奪うからだ。コインケース内の小銭をルールに基づいて並べておけば、支払金額の下三桁がいくらになっても対応しやすい。

加熱4分!炊飯時間の短縮に成功!蒸らしは3分半ですぐに食べられる!

一人暮らしで一食分の米を炊くだけなら、IHクッキングヒーターの火力を手動で切り替えると炊飯時間をとても短くできる。加熱時間は0.5合が4分で1合が6分半だ。蒸らしは3分半でOK。圧力鍋は不要だ。

狭い部屋の掃除はコロコロでOK、一人暮らしでも掃除機や箒よりも気軽に毎日使える

部屋が狭いと掃除機を置くと邪魔だ。掃除する範囲が狭いなら、コロコロとウェットティッシュで手軽に掃除できる。深夜早朝でも騒音を気にしなくてもいい。掃除後の手間が少ないのも良い。

自転車で人力自家発電して生活できるのかを検討したまとめ

電力会社との契約をせずとも、小規模な自家発電だけで電力を賄えそうなくらい消費電力がかなり少ない。自分の消費電力を考慮すれば、自転車による人力自家発電でやっていけるかもしれない。

富士山富士宮口五合目の売店や食堂の営業時間と値段、荷物を預ける料金は1000円

バスで富士宮口五合目に着くと、歩いて1分もかからない場所に建物があった。そこに食堂/売店/トイレが入っていた。売られているものや食堂で食べられるものの料金をまとめた。

押入れデスクの椅子/照明/ゴミ箱/USBファン/シュレッダーを小型軽量化した

押入れデスクの快適性を保ちながら、使っているものを徐々に小型軽量化している。2016年8月に押入れデスクを撮影していた。その2ヶ月前の状態と比較した。

小さいサイズの枕を自作、羽根クッションの中身を減らしてコンパクトにした

市販されている小さい枕の購入を検討していた。購入する前に羽根クッションを小型軽量化できるかを自分で試した。小さい枕に作り変えられたので、市販されている小さい枕を購入しなくてもよくなった。

富士山登山で新幹線の新富士駅からバスで富士宮口五合目への行き方

新幹線で新富士駅へ行くと、そこからバス一本で行ける登山口は富士宮口五合目になる。バスの乗車時間は2時間5分と意外と長い。それでも新幹線とバスなら事前の予約なしで行けるのがいい。登山開始までの様子を写真とともに振り返る。

薄い折りたたみ傘を5年使用してボロくなったので同じ傘の色違いに買い替えた

ポケフラットという165gの軽くて薄い折りたたみ傘を愛用している。100g未満の軽さが売りの傘に比べると重いし、丈夫な構造というわけでもない。薄くてズボンのポケットに入れられるのが気に入っているのでまた同じ傘を購入した。

節電エリートが所有するたった9個の家電をさらに減らすには

所有している家電が9個。備え付けの家電が5個。室内に家電が合計で14個ある。その内の10個は毎日使っている。ここからさらに減らすにはどうすればいいかをまじめに検討し、電気契約を解約して生活する方法を模索する。

個人用小型シュレッダーなら300円台のコンパクトで場所を取らないものがおすすめ

住所や名前などが書かれた書類を捨てるときにシュレッダーを使っている。以前から、裁断後の紙くずを受ける部分がなければもっと小型化できると思っていた。そんなシュレッダーを探したら希望どおりのものが見つかった。

登山用スパッツは100均の巾着袋で代用可能、富士山の下山時に砂利が入らない

数年に1回の富士山登山のために登山用スパッツを買ったり家で保管したりは好ましくない。以前はゴミ袋とテープをスパッツ代わりにしていた。見た目がひどいためか、知人が100均の巾着袋で脱着が簡単な改良バージョンを開発した。

椅子代わりのバランスボールは身長が高くても直径55cmの小型で問題なし

身長180cm以上ある筆者だが、バランスボールを直径55cmの小型に買い替えた。直径85cmを3年以上椅子代わりに使ったが、それで運動したことはない。椅子代わりにしか使わないのなら小さなバランスボールでも問題ないと気付いた。

1円玉サイズの超小型温度計が転がらずに自立する台座を針金で自作した

1円玉サイズのアナログ温度計を愛用しているが、置く場所によっては転がってしまう。転がらないように貼り付けると持ち運びが不自由になる。温度計と一体となる台座を作れば転がらないし持ち運びも自由だと閃いた。

リメイクでネックウォーマーを自作、おしゃれすぎて素材が便座カバーと気づかれない

引越し前の便座はU型だったが、引越し後はO型になった。タイプが異なるので便座カバーとして使えない。以前から便座カバーをマフラー代わりにもしていた。巻くのが面倒だった。ネックウォーマーにリメイクすれば巻く必要がないと閃いた。

超小型USBファン4cmで夏を乗り切った、エアコン/冷蔵庫/扇風機なし生活で

我が家にはエアコンがない。冷蔵庫もない。扇風機すらない。冷房であるのはUSBファン2台だけだった。何を思ったのか、夏前にそれすらも譲渡した。代わりに4cmの超小型USBファンを購入した。電源を入れた瞬間にその風力に驚いたよ。

団地や壁の薄い賃貸住宅の生活騒音対策にイヤーマフと耳栓の併用が効果的!

最初に書いておくが完全に無音になることはない。あくまでも騒音を減らせるだけだ。それでもイヤーマフと耳栓を別々に使うよりも、一緒に使うほうが相乗効果で遮音性が高くなる。ただし、頭が圧迫されるのでイヤーマフの長時間使用はきつい。

コップすらないのでカップアイスの容器に水を入れて飲む

水道に口を近づけて水を飲んでもいいが、文明人なら慎みたい。紳士たるもの、水を飲んで一息つくときも気を抜いてはならない。たとえコップがない状況でも、器に水を入れて飲む行為を実現してこそ文明人だ。元上流家庭の振る舞いをとくと見るがいい。

パスポートの住所変更は自由自在!消せるボールペンなら引越し時に自分で書き替えられる

パスポートに住所を記入するかどうかは任意だ。しかし金融機関で本人確認書類としてパスポートを出すと、住所を書けと強要される。しょーがねーな、お前らのために書いてやるよ、消せるボールペンでな。

小指よりも小さい超小型&超極薄のUSB LEDライトをメインの照明にした

これまでもUSB LEDライトをメインの照明にしていたが、もっと小さなUSB LEDライトに買い替えた。タッチパネルでオン・オフ切り替えできる。調光機能があるので明るさ調整もできる。送料込み231円で買えた。

0円でデッドスペースを有効活用、収納と使いやすい配置を実現した具体例

室内の配管や配線をうまく活用して、よく使うものをそれらに配置すれば収納家具を用意するまでもない。身近にあるものやアイデアひとつで収納した具体例を写真で紹介する。